「防犯カメラには気をつけろ!」関西Jr.桐山照史、画像流出を早速ネタに!

サイゾーウーマン / 2013年8月31日 9時0分

 関西ジャニーズJr.内ユニット「B.A.D.」として活動している桐山照史が、プライベートのオフショットをTwitter上に晒されるという不運に見舞われた。最近、飲食店などのアルバイト店員がSNSサイトで悪ふざけ画像をアップする非常識な事態が相次いでいるが、桐山の場合もコンビニの防犯カメラに映った画面を店員が外部に流すという形で巻き込まれてしまった。

 ネット上に流出した画像は、桐山が携帯電話をいじりながらコンビニに入店した場面を捉えたもの。8月19日頃からTwitterで広まり、ジャニーズファンの間でにわかに話題になっていたという。この件を報じた27日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、桐山の姿に気付いたコンビニ店員が友人に画像を送信し、その友人がTwitterにアップしたため多くの人の目に留まってしまったようだ。

 同誌は撮影元のサークルKサンクスに取材しており、広報部が「ネット上で言われている方かは確認しておりませんが」と前置きした上で、「再発防止のため教育指導を徹底していきたい」などと回答していた。サンクスのHPにも26日付で「このたび、サンクス店舗のアルバイト従業員が勤務店の防犯カメラの画像を撮影し、その画像が第三者を通じ、ツイッターに公開されていたことが判明いたしました」「本件により、関西ジャニーズJr.桐山照史様およびジャニーズ事務所他関係各位には、多大なるご迷惑をお掛けしました」などと、事実を認めて謝罪している。

 Twitterで広まった上に、週刊誌にまで取り上げられるという憂き目に遭ってしまった桐山。さぞや胸を痛めている……と思いきや、本人は舞台でこの件を“ネタに使う”というたくましい姿を見せた。

「27日に大阪・松竹座で行われた『ANOTHER』の中で、出演者の重岡大毅が『照史くん、あれ防犯カメラ!』とネタ振りし、桐山が怯えながら顔を隠す仕草をしたそうです。ほかの出演者も『週刊女性』に載った桐山の写真のポーズを真似し、桐山は『お前ら、防犯カメラには気をつけろよ!』とアドバイスしていたとか(笑)。あの時は、じゃがりこを買いにコンビニに行っていたと明かし、『あれ、俺なんも悪いことしてへん』『(撮られた時の)私服がダサかった』などと、自虐ネタを繰り広げていたそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 ネガティブなネタにもかかわらず、舞台上で笑いのネタに変えてしまうというサービス精神に、会場からは大喝采が贈られていたという。桐山といえば、2008年の『ごくせん』(日本テレビ系) 第3シリーズで主要キャストの1人を演じ、勢いある関西Jr.を引っ張る中心メンバー。機転の利いたアドリブ力を武器に、より一層の活躍に期待したい。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング