AKB48からホリプロ勢撤退!? 「事務所内で新しいグループを作る」うわさも

サイゾーウーマン / 2013年9月2日 9時0分

写真

 8月27日、AKB48から卒業をした人気メンバーの板野友美。今年に入り、板野と同じホリプロに所属する仁藤萌乃と河西智美が立て続けて卒業しており、「ホリプロはAKB48から撤退するのでは?」といううわさが流れているという。

 ファンにとっては気が気ではない事態だが、ホリプロ側は撤退説を否定。現在AKB48メンバーとして活動するホリプロ所属メンバー・宮崎美穂、石田晴香、佐藤すみれ、山内鈴蘭が、29日に行ったライブイベント『ホリだしもの(仮)Vol.1』に「~私たちは撤退しません~」というサブタイトルまで付けている。しかし、業界関係者の間では、「やはりホリプロは近いうちに、AKB48から完全撤退する方向で動いている」という話が持ち上がっているという。

「現在のアイドルブームに乗ろうと、オスカープロモーションから『X21』がデビューするなど、大手事務所が続々とアイドルグループを結成しています。ホリプロもそんなブームに便乗しようと、新しいグループを結成させ売り出そうと水面下で動いているそうです。指揮を取るのは、芸能人女子フットサルチームで監督も務めたN氏。主要メンバーをAKB48から卒業させたのも、その新しいグループの新メンバーに加入させる案が挙がっているからだそうです」(テレビ局関係者)

 しかしそんな動きに、早くも業界からブーイングが上がっている。

「N氏は、ハロプロが始めた芸能人女子フットサルがブームになると、『これはオイシイ』とフットサル経験者の美人素人をオーディションで加入させるなど、むちゃくちゃなやり方でそのブームをぶち壊し、芸能人女子フットサルブームの失速に追い込んだ。もしこのままホリプロからアイドルグループがデビューしたら、アイドル業界を荒らすことは必至です。現在、モーニング娘。が再ブレイクを果たしていますが、それはひとえに、メンバーが手を抜かずにパフォーマンスを磨き続けたからこそ。大手だからと売れるほど甘くはないので、安易な参戦はやめてほしいですね」(アイドル誌編集者)

 オトナの思惑でAKB48から卒業させられているとしたら、卒業したメンバー、そしてそのファンたちが不憫でならない。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング