関ジャニ∞横山裕、ファン公認の彼女が漏水で謎の事故

サイゾーウーマン / 2013年9月18日 9時0分

 関ジャニ∞・横山裕が住む港区のタワーマンションの自室で、下の部屋にまで水が漏れる不可解な“水浸し事件”が起きていたと、9月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。同誌によれば横山は10年近く交際しているモデル・中野良子と同棲しており、事件は横山が不在の時間に発生。横山らは被害を受けた下の階の住人に謝罪することもなく、逃げるようにマンションを退去したそうだが、事故原因については謎が残ったままだという。

 記事は、横山と同じタワーマンションの住人・黒川遼さん(仮名)の証言から始まる。3月31日の早朝4時、激しい雨のような音で目を覚ました黒川さんは、部屋の中に上から水がザーザーと降ってくる光景を目の当たりにしたという。不動産会社の管理人が駆けつけたものの、原因がわからないため後日調査することになったという。部屋の天井に穴を開けて水を出すという作業でその場をしのいだが、黒川さんは復旧工事のために約1カ月間のホテル暮らしを余儀なくされたそうだ。

 5月になって事件の調査報告書が届き、上の階の住人が「横山侯隆」こと関ジャニの横山だと判明。しかし鑑定書には、漏水事件の“犯人”は横山ではなく「同居人による浴室使用であった」との文言が書かれていたという。同誌にはその鑑定書が掲載されており、同居人に「中野良子」の名が記されている。

「中野は横山より6歳年上の38歳で、モデルの仕事をしている女性です。2人は2004年の舞台『DREAM BOY』での共演をきっかけに交際がスタートしたといわれており、彼女は横山の家族にも公認で、熱心なジャニーズファンの間でも知られる存在でした。しかし横山は、今年1月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)に、中野とは別の20代前半~中盤のモデル風美女との焼肉屋デートをスクープされています」(芸能ライター)

 そして事件は、その「週刊女性」の報道から2カ月後に発生する。「文春」によれば、横山らは“水漏れ事件”からひと月も経たない間にマンションを退去し、賠償金の見積額は600万円以上にもなったという。鑑定書には「(中野が)浴室排水口を塞いだまま浴室を使用した為、洗い場に溜まった水が浴室から廊下へ出てしまい、その後階下へ漏水した」と書かれているそうだが、「文春」は鑑定書添付の現場写真を元に「若干の髪の毛が見えるものの、とても排水口を塞ぐほどの量ではない」と自然発生の事故の可能性を否定するような記述をしている。また被害者の黒川さんも、マンションのお風呂は全自動のため、「漏水するほどの水を出しっぱなしにするのは不自然」だと話しているという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング