ザキヤマ、ホリケンが“ビジネス中学生ノリ”を発揮した『アメトーーク』

サイゾーウーマン / 2013年11月3日 15時30分

写真

 「中学生ぽい」とか「中学生ノリ」という表現を、時々聞く。中学生という、大人になりきれていない時期ならではの「ダメな」行動や言動を、いい大人になってもやってることを指す、というのでだいたい合ってるだろうか。

 でもコレ、「中身が中学生なんで、すみません」と自分発信で免罪符的に言っちゃった途端、ちょっとイタい感じになる気がするのだが、どうなのだろうか。「男ってバカだから、すみません」と「男」を免罪符にするノリにも、ちょっと似てる。

 10月24日放送の『アメトーーク』(テレビ朝日系)では、「ホントに大人? コイツら中学生芸人」として、その“中学生ノリ”を持つ芸人が集結した。

「やることなすこと子どもっぽい。証言とVTRで衝撃の実態が明らかになる」

 冒頭のナレーションで内容をこう紹介していたが、今回の企画は以前行われた若手芸人による企画プレゼン大会で、アームストロングの安村昇剛が提案した企画が採用されたものらしい。そんな「中学生芸人」は、その安村はじめ、アンタッチャブル・山崎弘也、ネプチューン・堀内健、宮川大輔、よゐこ・濱口優、FUJIWARA・藤本敏史という顔ぶれ。ほかに、「中学生ノリ」の被害者として、カンニング竹山と、ビビる大木も出演した。

 で、この“中学生”たち。登場とともに好き勝手な動きをしたり、いろんな声をあげたりをしばらく続けていたら、MCの雨上がり決死隊・宮迫博之が、「並べ!」と一喝。それで「並ぶ」わけだが、わざと縦に並んでしまう。そしてそのまま「Choo Choo TRAIN」の“グルグル”を始め、続けて千手観音ダンスに突入。今度は正面を向かずに横一列になる6人。再び横向きで千手観音。全然トークが始まらない。……これが、「中学生ぽさ」ということでいいのだろうか。

 そんな悪ふざけから始まった番組は、その後もずっとそんなノリで続く。ナレーションで、「人の迷惑顧みず、やりたいことやる、中学生芸人」と言っていたが、結局「中学生ぽさ」が何なのか、よくわからないままだった。しいて言えば、先生に怒られるために、悪ふざけをするようなノリなのか。

 それぞれの中学生的エピソードが披露されたが、ザキヤマの「悪ふざけ」、フジモンの「ガヤ」、ホリケンのからみづらい「暴走」、宮川の常識外れの「暴挙」エピソード。それぞれ、それはそれで面白いけれど、それが「中学生ぽいなぁ」と思ったり、「やったなぁ、こんなノリ」みたいな、「あるある」を感じたりはしない。フジモンのガヤも、ホリケンの暴走も、これまで散々見てきているわけだし、そんな今まで見てきたものが、「中学生的行動」というカテゴリーで、力技でくくられた感がどうしてもある。宮迫が、何度か「中学生やからな」と静かにつぶやくことで、「これが中学生ノリなんだ」と着地させるような感じ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング