C・イーストウッドやR・ギアも! グレー・ディボースは、どうしてはやっているの?

サイゾーウーマン / 2013年11月4日 16時0分

写真

――日々、猛スピードで状況が変わっていく海外セレブのゴシップ。セレブの名前も覚えてないうちに次から次へと事件・騒動を起こされても追いつけないよ~と嘆くアナタに、サイゾーウーマンが誇るゴシップマスターが“読んですぐわかるセレブの今NOW”をお伝えします!

【今回のお題】どうしてセレブの熟年離婚が増えているの?

 近年、大物セレブの熟年離婚が増えています。今年8月末にはクリント・イーストウッド(83)が結婚17年目になる2番目の妻と、9月には結婚11年になるリーチャード・ギア(64)が、それぞれ離婚に向けた手続きを行っていることを発表。さらにキム・カーダシアンの実母クリス・ジェンナー(57)までもが別居を発表し、メディアは大騒ぎ。どうしてセレブの熟年離婚が増えているの?

【ゴシップマスターの答え】

 現在、アメリカのタブロイド紙でお祭り騒ぎとなっているクリス・ジェンナーとブルース・ジェンナーの別居報道。キム・カーダシアンら3人の娘たちをリアリティ番組で有名にさせた「一族の女帝」であるクリスと、再婚相手であるオリンピック金メダリストのブルースは、“常識外れの変わった夫婦”として知られていましたが、結婚生活22年と長続きしており、仲睦まじい夫婦とみられていました。ここ数年は不仲説が流れたものの、一族が団結して断固否定。ところが先日、一転して、「実は別々に暮らしている。別居という生活スタイルは自分たちに最適だ」と発表したのです。

 クリスとブルースの夫婦仲はかなり前から破たんしていたそうですが、まだ成人していない2人の娘たちのため、また大金を稼げるリアリティ番組のため、隠し続けてきました。婚前契約を結んでいない2人は、面倒な離婚手続きには着手しておらず、今、あえて別居を発表する必要はなかったのではという声も上がっています。それを、このタイミングで発表したのは、流行に乗って話題集めをするという打算があったから。その流行とは、すばり「グレー・ディボース」。50歳以上の熟年夫婦の離婚、です。

 アメリカでは数年前から熟年離婚が増加しており、セレブの中にもグレー・ディボースするカップルが目立つように。2008年にモーガン・フリーマン(当時71歳)が結婚24年になる妻との離婚を発表。09年にメル・ギブソン(当時53歳)が30年間連れ添って7人の子どもをもうけた妻との離婚を発表、10年にアル・ゴア元副大統領(当時62歳)が結婚40年になる妻との離婚を発表。アルは妻との間の4人の子どもだけでなく孫も2人いるため、ことさら大きな話題になりました。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング