離婚相談に乗る一方で元妻を口説くレオ様に、オーランド・ブルームが激怒!

サイゾーウーマン / 2013年12月9日 18時35分

写真

 10月に、離婚することを発表した後も、強い家族愛で結ばれていることをアピールし続けているオーランド・ブルームとミランダ・カー。ミランダは今年、日本の衣料洗剤のイメージキャラクターに抜てきされ、“家事が得意な良き妻”を連想させるキャラを演じていたため、日本では、オーランドとミランダの破局は「おしどり夫婦の電撃離婚」だと大々的に報じられた。

 しかし、2人の仲はかなり前から破綻していたという説が強く、ミランダの妊娠中にオーランドがCAをナンパして浮気ざんまいしていた、ミランダがレオナルド・ディカプリオの誕生日パーティーに結婚指輪を外して出席し、一晩中レオナルドのそばにいたというウワサが流れていた。数年来の友人であるレオナルドとミランダが親しくしすぎていることに、オーランドが心配しているとゴシップ誌をにぎわせたこともあった。

 今年に入りミランダは、「お互い忙しいから、2人目なんて考えられないワ」と発言。あまりにも長期間、仕事で離れ離れになりすぎていること、数カ月も夫婦一緒にいるところを目撃されていないことなどから、不仲説は強まるばかり。1月に開催されたゴールデングローブの授賞式には夫婦そろって出席したが、ミランダは乳首とパンツが見えそうなほど露出度の高いドレスを着用。オーランドが渋い顔で彼女の胸元を見ている写真が撮られ、「やっぱり仲は悪いのでは」という声が高まった。

 離婚することを発表した後、オーランドは『ロード・オブ・ザ・リング』で共演したリヴ・タイラーと付き合いだした、ミランダは祖国オーストラリアの資産家のジェームズ・パッカーと交際しているようだと報道されるなど、それぞれ新しい生活を満喫しているかのように伝えられることが多い。しかし、オーランドはミランダと離婚することにかなり心を痛めており、親しい友人らに悩みを聞いてもらっているとのこと。レオナルドも相談を受けた1人だというのだが、オーランドに同情し励ましつつ、裏ではミランダにモーションをかけていたことがバレてしまい、温和なオーランドもさすがに激怒したと報じられている。

 米大手タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」によると、オーランドは1カ月ほど前、レオナルドに「ミランダと離婚することは本当につらい。心が壊れてしまいそうだ」と打ち明けたとのこと。レオナルドは、落ち込むオーランドを励まし、「でもさ、海にはたくさんの魚が泳いでるんだからさ。ほら、オレ、そういうのに詳しいじゃん」と、彼なりにオーランドを元気づけたという。だが、その直後、レオナルドは何食わぬ顔でミランダにデートを申し込み、そのことを知ったオーランドは大ショック。まるで背後からナイフで刺すようなレオナルドの非情な行動に激怒し、「せめて正式に離婚が成立するまで待てよ。マジで、いい加減にしてくれ!」と警告したという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング