堂本剛の“一人大喜利”舞台、影の仕掛け人はSMAP・中居正広だった!?

サイゾーウーマン / 2013年12月19日 9時0分

 初のカバーアルバム『カバ』のリリースや、連続ドラマ『天魔さんがゆく』(TBS系)で約5年ぶりに主演を務めるなど、今年はソロとしても大忙しだったKinKi Kids・堂本剛。10~11月には、昨年1月に開催した独演会『小喜利の私』を大阪・東京で再演し、精力的な活動でファンを喜ばせた1年だった。

 そんな堂本は、12月16日発売の「TVガイド」(東京ニュース通信社)のインタビューで、今年1年を振り返りSMAP・中居正広へ感謝の言葉を口にしている。

「’13年は、今をどう生きて行くべきかを冷静に考えてた1年だったかな。そんな中でお世話になったのは、中居(正広)さん。テレビ局でお会いした時に、『もっと自分から動いて、こういう仕事をしてみてもいいんじゃない?』とか、仕事の上でのアドバイスをいろいろもらって、ありがたかったですね。その後、トイレでばったり会ったら、またアドバイスをしてくれました(笑)」

 中居といえば、Kis-My-Ft2の派生ユニット「舞祭組」のデビューを機に、プロデューサーとしての手腕が評価されており、森脇健児が再ブレイクの兆しを見せているのも、中居が番組でイジったことがきっかけだと言われている。具体的にどのようなアドバイスだったかは明かされなかったが、堂本の仕事ぶりを見て、プロデューサー的な視点から中居なりに感じたことがあったのかもしれない。

 KinKi Kidsとして長らくのSMAPのバックダンサーを務めていた堂本は、共演機会が減った現在でも、若い頃にお世話になったSMAPへの“愛”は変わらず、今年5月の自身のラジオで「いまだにSMAPの曲を聞いている」「SMAPというジャンルの音楽がすごく好きですね」などと熱い思いを語っていた(既報)。

 また、堂本は今年の『小喜利の私』でも、SMAPに対する特別な気持ちを告白。同舞台は小学生の頃からお笑い芸人を目指していたという堂本の “一人大喜利”舞台で、自らが事務所に企画書を出して開催にこぎ着けた特別な舞台。11月26日の東京公演初日には、

「30過ぎてアイドルやってられるのも、SMAP兄さんのお陰ですよね。あの方々がいろいろやらなければ、僕ら何もできてないですから。中居さんも“やりたいことやったらいい”って」

 と、堂本はアイドルとしての活動の幅を広げてくれた先輩・SMAPの偉大さをあらためて口にしていたという。

今年で結成20周年を迎えたKinKi Kidsは、F1レーサーを描いた映画『ラッシュ/プライドと友情』(来年2月公開)で日本語吹替版の声優として共演することが決定している。堂本光一が舞台『Endless SHOCK』を中心に活動する一方、剛は音楽活動などでお互いの才能を研磨し、来年もKinKi Kidsの活動が充実するよう期待したい。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング