木村佳乃、「怖い」といわれる激痩せ劣化! 「腹筋1日1,000回」の夫・ヒガシが原因か

サイゾーウーマン / 2014年2月22日 13時0分

写真

 季刊誌「きものSalon」(世界文化社)の表紙を飾った木村佳乃が、「痩せすぎ」と話題になっている。昨年5月に第二子を出産した木村だが、激痩せの原因とは?

 木村は2010年、少年隊・東山紀之と入籍。「結婚後は芸能活動を制限される」と言われるジャニーズタレントの妻の中でも、工藤静香や瀬戸朝香らに比べると、やや露出が多い傾向にある。

「ジャニーズ事務所は、所属タレントの『アイドル像』を守るため、結婚後も夫婦や子どもについての話をするのはタブーとされています。しかし木村に関しては、バラエティ番組で夫婦のセックスレスについて言及するなど、これまでの『ジャニーズの妻』とはまったく違って見えます」(芸能ライター)

 そんな中、突如浮上した木村の激痩せ説。ネット上では、木村の近影に対して「これ、木村佳乃?」「思った以上に怖いわ」「ちゃんと脂質取ってるのか心配になる」とまで言われている。芸能活動を続けながらの子育てに、過労が原因とも思われるが、一部ファンの間で言われているのが「“ストイック過ぎる”東山からのプレッシャーが原因では」という可能性だ。

「『腹筋1日1,000回』を自らに課すなどストイックな東山に、影響を受けたという説です。東山は、過去に雑誌などでその肉体美を披露しており、絶対の自信を持っている。舞台で共演した、後輩のV6・坂本昌行やKAT-TUN・田口淳之介らも、東山の肉体へのストイックさを称えています。しかし一方で、ヒガシは女性週刊誌に『勘違いナルシストぶりが近隣住民の間でも大不評で、トラブルに発展した』と報じられたことも。木村にとっては、いいプレッシャーになっているとは言いがたいかもしれませんね」(同)

 木村は、出産後すぐに芸能活動を再開したが、この激痩せぶりでは心配の声が上がるのは当然。東山からのプレッシャーにならないサポートが期待されるところだが、果たして。

※画像は「きものSalon」(世界文化社)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング