NMB48・渡辺美優紀、お泊まり報道をスルー! 許されるのは「吉本興業のおかげ」?

サイゾーウーマン / 2014年3月22日 9時0分

写真

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ~! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋17年の芸能記者
B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C......WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける駆け出し記者

■AKB48のスキャンダル不可解制度

C 最近のAKB48はおかしいです!

A いきなり私情が爆発していますが(笑)、やはりNMB48・渡辺美優紀のお泊まり報道でしょうか。

C そうですよ。どう見ても言い逃れできない状況なのに、本人含め運営側は、マスコミもファンも完全シカト。峯岸みなみは一体何のために坊主頭になったのか……。

B 毎回思うけど、スキャンダル飛ばされて思いっきり処分を受ける人と、完全スルーで終わる人がいるよね。

A スルー組の中にも、先日のAKB48グループ大組閣で、カスタマーセンターのセンター長になった戸賀崎智信元支配人なんかは、事実上の左遷みたいな感じにはなっていますが。

B 事務所の意向もあるのかもしれないね。所属事務所はメンバーによってバラバラだけに、「あの人はいいのにこの人はダメ!」といったチグハグなことが毎回起こっちゃう。

A 渡辺は吉本興業管轄ですね。今後、吉本管轄のメンバーがスキャンダルが起こしても、基本はスルー対応になるかも。

C しかしそれじゃ、罰を受けたメンバーがかわいそうですよ。

B でもさ、あれだけ大騒ぎになった峯岸だけど、まったく懲りずに、男と夜遊びしてたって話があるよ。

A おっと出ました! 最新スクープですか?

B なんでも港区にあるオシャレなバーで、若い男性と2人でベタベタしながら飲んでたんだって。でもそれを見かけたのは、某写真週刊誌の記者で「週刊文春」(文藝春秋)ではなかったから、残念ながらそのままスルーしてしまったそう。

B いくら落ち目と言われても、AKB48の圧力によってほとんどの週刊誌がスキャンダルを出せないのは、今も健在のようだね。

■“消えた”小林幸子、NHKに復帰?

A ちょっとした小ネタなんですが、お家騒動でテレビからすっかり姿を消してしまった小林幸子が、ひっそりとNHKに“復帰”したというんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング