「VOGUE」表紙にキム・カーダシアン登場で、アナ・ウィンターにまでアンチが波及!

サイゾーウーマン / 2014年3月25日 18時55分

写真

 全米で最もナルシストなバカップルとして名高いカニエ・ウエストとキム・カーダシアンが、名門ファッション誌アメリカ版「VOGUE」4月号の表紙を飾り、非難轟々の嵐が吹き荒れている。タブロイド紙の表紙ばかりを飾る、低俗なリアリティ番組スターが、名門ファッション誌「VOGUE」の表紙に登場するなんて許せない、とバッシングされているのだ。また、同誌の名物編集長や撮影を担当した人気写真家は、カニエの顔を立てつつも金設けする道を選んだのだと、「VOGUE」ファンをがっかりさせている。

 カニエはここ半年以上、アメリカ版「VOGUE」の表紙を飾るというキムの夢を実現するべく、同誌の名物編集長アナ・ウィンターにしつこく掛け合ってきた。カニエとアナはファッションを通して親交があり、「アナ・ウィンターと夕食したぜ」という歌詞の歌も作っているほどだ。昨年8月には、米ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」が、カニエは「VOGUE」の表紙をキムと愛娘のノースに飾らせたいとアナに頼みこんでいると報道。しかし、アナはリアリティ番組スターは同誌にふさわしくないと思っており、キムのことも毛嫌いしているため、まったく乗り気ではないと伝えられた。

 カニエも堅物のアナを説得することはできず、実現は無理そうだとみられていたが、今年1月米紙「The New York Post」の日曜版付録雑誌「Page Six」が、カニエとアナがビバリーヒルズで一緒に食事をしていたと報道。カニエが熱心に話すのをアナが気乗りしない表情で聞いていたため、きっとまたキムを「VOGUE」に載せてくれと説得しているに違いないと伝えられた。

 実はキムは、カニエと交際を始めて間もない2012年6月にイタリアのメンズ誌「L’UOMO VOGUE」の表紙を飾っている。しかし、カニエは価値の高いアメリカ版「VOGUE」にこだわっており、何が何でもキムを表紙にとストーカーのようにアナに訴え続けているとゴシップされ続けた。そして、とうとうアナが寄り切られる形でキムが表紙を飾ることになったのだというのだ。

 キムは22日、写真共有アプリ「インスタグラム」にアメリカ版「VOGUE」の表紙を掲載。純白のストラップレスドレスを着て前を見据えるキムの背後から、黒服を着てうつむくカニエが抱きついているというもので、「とうとうやっちゃったのか」とファッションファンを脱力させた。背後霊を背負っているような薄気味悪い写真にも見えるこの写真は、有名な女流写真家のアニー・リーボヴィッツが撮影したもので、大喜びのキムは、「夢がかなったわ!!! 『VOGUE』誌、表紙にしてくれてありがとう!オーマイゴッーッド!!! 息もできないほどよ!」と喜びのコメントを添えた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング