ジャニーズWEST・藤井流星、性的暴力&未成年飲酒が発覚! グループ脱退の可能性も

サイゾーウーマン / 2014年4月24日 9時0分

写真

 4月23日に「ええじゃないか」でCDデビューしたジャニーズWESTの藤井流星が、未成年時に飲酒&喫煙していたことを、4月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。記事は、藤井にホテルに連れ込まれ、性行為を強要されたという被害女性が告発する形で書かれており、同誌のグラビアページには藤井がホテルの一室でタバコを手にする “証拠写真”も掲載されている。

 同誌によると、問題の出来事が起こったのは2012年6月。女性は友人と2人で大阪のクラブを訪れ、そこで出会った藤井に「ホテルで呑み直そう」と誘われ、3人はホテルへ。藤井は当時18歳だが、慣れた手つきでタバコを吸い、ウォッカをストレートで飲んでいたという。女性がお酒を拒むと「ほな俺が呑ましたる」と言い、強引にウォッカを口移しし、ベッドに押し倒された女性が性行為を拒否すると、口淫を強要したそうだ。

「ジャニーズWESTデビューと同時にこんな記事が出てしまい、今後の活動が心配になりますね。NEWSがデビューした時も、写真誌でメンバーの森内貴寛の喫煙・飲酒疑惑写真や女性とのにゃんにゃん写真が掲載され、デビューから1カ月で脱退してしまいました」(ジャニーズに詳しい記者)

 当初、メンバー入りを果たせなかった藤井は、メンバーの桐山照史や中間淳太らがジャニー喜多川社長に“直談判”したことで追加加入が決定。ジャニーズWESTは晴れて4人から藤井を含む7人に増員して正式デビューとなったが、同時に過去の悪行が暴露されるスキャンダルに見舞われてしまった。

「11年6月の『週刊女性』(主婦と生活社)では、当時Hey!Say!JUMPだった森本龍太郎の喫煙写真が掲載されました。彼は結局グループに戻ることはできず、芸能界から身を引いた状態です。この一件以降、ジャニーズも未成年のタレントには厳しい指導をしてきたはずですが、関西は昔から東京と違って、事務所や周りの監視が緩いことで有名なんです。デビューと同時にプライベートでつながっていたファンとの関係を切るなど、身辺整理はしていたはずですが、藤井の場合もJr.時代のこととはいえプロ意識があまりにも欠けていますね」(同)

 この報道を受けて、ファンからは「同情できない」「アイドル失格」「いま脱退するならグループの傷が浅くて済む」「脱退させないで、ってまた直談判したら幻滅」などと声が上がっている。藤井が飲酒していた決定的な証拠はないが、同誌に掲載されている写真には、藤井の横にビールの缶もハッキリと映り込み、告発した女性は「好青年なんてとんでもない、鬼畜ですよ」と藤井のことを語っている。

 仲間の手助けによってデビューの道を掴むも、過去の過ちが原因でグループの足を引っ張ってしまった藤井。果たしてジャニーズWESTは、数年後にも変わらず7人で活動できているのだろうか――?

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング