「アイツだけ取材が決まったらしいぞ」V6も古傷が痛む、ジャニーズJr.の競争社会

サイゾーウーマン / 2014年5月4日 9時0分

 日々、CDデビューに向けてレッスンに励んでいるジャニーズJr.たち。研修生や関西ジャニーズJr.を合わせると全国におよそ700人も存在すると言われており、メディアに露出できるJr.は全体のほんの一握りだ。それだけにJr.の世界は入れ替わりが激しい。最近では、入所からまだ1年もたっていない高橋海人がテレビや雑誌で露出を続け、事務所の“プッシュ”を感じさせる一方、榮倉奈々主演のドラマ『黒の女教師』(TBS系)に出演するなど人気Jr.だった松村北斗が、先日のジャニーズJr.公演の会見に不在だったりと、人気や“プッシュ”の入れ替わりは日々起こっているようだ。

 そんな競争社会を見事に切り抜け、今や大ベテランのV6・20th Century(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦)。グループは来年でデビュー20周年を迎えるが、4月26日放送のトニセンのラジオ番組『V6 Next Generation』(JFN系)では、Jr.時代の苦労や、思い出話が展開された。

 Jr.時代は「アイツだけ取材が決まったらしいぞ」「あ、あんなの出てるぞ」などと他Jr.の活動に敏感になっていたというトニセンの3人。V6としてデビューしてからは、コンサートのバックダンサーを務めるJr.のマネジャーが、「セイジ以外集まって」「あ、セイジ以外は明日取材だから」と、“セイジ”というJr.の前で他Jr.へ仕事連絡をしている場面に立ち会ったことがあるという。その光景を見た井ノ原と長野は、「オイ! そういうこと言うなよ! デリケートなんだよ!」「セイジが可哀想だろ!」と、思わず激怒。温和な性格で知られる長野も、珍しく顔を真っ赤にして「こっそり言うことだってできるだろ! 紙に書くとかさ!」など“ブチ切れ”していたという。デビューまで時間のかかった長野だけに、「そういうの感じてきたからさ(笑)」「痛みを知ってるから」とJr.の気持ちになってしまったようだ。

 また、Jr.時代はバックで踊っている列の順番でも好待遇の人との格差を感じることがあったようで、

「『あぁ、2列目だな。イイ感じに出るのは』みたいなの、あったよね(笑)」(長野)
「そうそうそう! 『あぁ~、コイツらがそのうち雑誌とか出ていくんだろうなぁ』って」(井ノ原)
「そうなんだよ(笑)。そしたら案の定、出てくるんだよ! 『あぁ~、やっぱりなぁ~』って」(長野)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング