レイ・ジェイ、キム・カーダシアンとのセックステープの印税を彼女への結婚祝いに!

サイゾーウーマン / 2014年5月21日 23時12分

写真

 いよいよ今週末に迫ったキム・カーダシアンとカニエ・ウエストの結婚式。自己中心&自己陶酔的な“バカップル”なため、全米から嫌われている2人だが、世間からの注目度は非常に高く、メディアは連日報道合戦を繰り広げている。

 キムは3年前にNBA選手のクリス・ハンフリーズと結婚した時、雑誌のブライダルシャワー特集で10万ドル(約1,000万円)、式の写真独占掲載で150万ドル(約1億5,000万円)、式の独占放送で1,800万ドル(約18億円)を手に入れた。そのため、たった72日間で別れてしまった時には、「詐欺だ!」「金目当てのショーだったんだ! 最初から離婚するつもりだったんだ」と散々叩かれたが、本人は、「結婚したことは本当」だとし、当然の報酬だと涼しい顔をしていた。

 今回の結婚式でも大金を稼ごうと企んでいるとされるキムだが、19日、とりあえず4万7,000ドル(470万円)を手に入れたようだと伝えられた。彼女の元恋人で、キムをスターにのし上げたセックスビデオの相手を務めた、R&B歌手のレイ・ジェイが、過去4カ月分のビデオの印税をプレゼントすると報じられたのだ。

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」によると、レイはセックスビデオの印税として今年1月から4月の4カ月分の印税4万6,840.13ドル(約468万円)を、キムへの結婚祝いとしてプレゼントするつもりなのだという。

 レイは昨年4月に、「I Hit It First」というシングルを発表。「ベイビーはウエストに行っちまった。でも、彼女はオレのベッドの上が一番しっくりくるんだよ」「オレが先に彼女とハメたんだからな」という、カニエに対して挑発的な内容で大きな話題となった。その後も、レイはなにかとカニエにつっかかり、今回も嫌がらせの意味を込めて、セックステープの印税をプレゼントすることにしたとみられている。なお、「TMZ」は、もし、キムがこの印税を受け取らなかった場合は、キムが支援しているチャリティー団体に寄付すると伝えており、どことなく美談っぽくまとめている。

 このセックスビデオだが、2002~05年まで交際していたキムとレイが、「自分たちで見て楽しむ、プライベートビデオ」として撮影したもの。米ポルノビデオ業界大手の「ビビッド・エンターテインメント」は、07年にこのビデオを第三者から100万ドル(約1億円)で買い取り、同社のウェブで配信やDVD販売を決定。「素晴らしいビデオだから世に送り出すことにしたんですよ」と説明したものの、キムは「アタシに無断で販売するなら、それなりのお金を払って」と裁判を起こし、最終的に500万ドル(約5億円)で和解したと報じられた。その後、このビデオ流出はキムの実母が仕掛けたもので、実際には1,000万~1,500万ドル(約10億円~15億円)を手に入れたと伝えられたが、なにはともあれ、キムはこのセックスビデオのおかげで有名セレブになり、大金を稼ぐようになったのである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング