『スター・ウォーズ』にトム・クルーズ出演!? 映画ファン、トムファンともにブーイング

サイゾーウーマン / 2014年6月25日 18時15分

写真

 1977年に第1作が公開されてからというもの、世界中に熱狂的なファンを持つ『スター・ウォーズ』シリーズ。壮大なストーリーと個性的なキャラクターが最大の魅力で、世代を超えた多くの人々に夢とロマンを与えてきた。名台詞である「フォースと共にあらんことを(May the force be with you)」の「May the force」と「May the fourth(5月4日)」をかけ、5月4日を「スター・ウォーズ」の日とし、イベントが世界中で行われるほど愛されているのである。

 このように作品をとことん愛するファンであるがゆえ、シリーズ最新作である『スター・ウォーズ エピソード7(原題)』の監督をJ.J.エイブラムスが務めると発表された時、ネット上には反対する意見が多く上がった。J.J.は、『スター・トレック』(09)と『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)を手がけ、「『スター・トレック』を救った男」とたたえるメディアもあるが、『スター・ウォーズ』のファンは、「彼は『スター・トレック』の哲学的な探検を無視して、ヒットすることだけを求めた作品へと変えてしまった。そんな男に『スター・ウォーズ』を任せて大丈夫なのか」「『スター・トレック』をメチャクチャにしたんだから、『スター・ウォーズ』もメチャクチャにされてしまう」「『アベンジャーズ』を手がけたジョス・ウィードンに監督させた方がいいのに。J.J.にはムリ」と懸念。エピソード5と6の脚本を手がけたローレンス・カスダンと共同でJ.J.も脚本に携わると発表された時は、さらに心配する声が上がった。

 そんなファンたちも『エピソード7』に、シリーズ第1作に出演したハリソン・フォード(ハン・ソロ役)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー役)、キャリー・フィッシャー(レイア姫役)が同じ役で出演すると知り大興奮。C‐3PO、チューバッカ、R2‐D2も第1作と同じ役者が演じることになり、オリジナルキャストと新しいキャストがどのような『スター・ウォーズ』を見せてくれるのかに期待が集まった。

 『エピソード7』は今年4月にクランクイン。2015年12月18日の公開予定日に向けて、撮影が着々と進められていたが、今月12日、撮影中にセットの扉が倒れ、ハリソン・フォードの左足を直撃するという事故が発生。ハリソンは手術を受け無事成功したものの、半年にわたるリハビリが必要と一部メディアが報道。公開日が延期される可能性も出てきた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング