『シルシルミシル』『からくりTV』打ち切り番組続々! 後番組に早くも「視聴率獲れなさそう」

サイゾーウーマン / 2014年9月6日 13時0分

写真

 テレビ各局の10月スタートの新バラエティー番組が次々と発表され、ネット上で話題になっている。上半期の視聴率3冠王の日本テレビだけは、編成を“ほぼ据え置き”するというが、特に大人事が伝えられているフジテレビでは、これまでで6本もの終了番組が発表されている。

『テラスハウス』『クイズ30~団結せよ!~』などの番組終了が発表されているフジだが、やはり一番のニュースは『新堂本兄弟』の終了だろう。一時は「KinKiの地上波レギュラーがゼロになるかも」といわれていたが、日曜昼にロケを中心とした新バラエティー番組が始まると報じられた。

「『新堂本兄弟』の終了は、8月初旬に、『東京スポーツ』が『僕らの音楽』(同)とともに終了をスクープ。その背景には、局の大人事の影響、そして名物プロデューサー・きくち伸氏の“更迭”が原因と伝えられました。きくち氏は同局の音楽番組における、実質的な“支配者”でしたが、口パク禁止などのこだわりが上層部から疎まれ、結果的に現場から外されてしまうことになったんです。ともあれ、番組は変われど、フジへの出演継続に、KinKiファンはひと安心といったところでしょう」(芸能プロダクション関係者)

 またTBSでは、前身番組を含めると23年目を迎えるご長寿番組『さんまのSUPERからくりTV』が打ち切りに。MCの明石家さんまは、当初突然の打ち切り決定に激怒しているとも伝えられていた。

「さんま本人が、毎日放送MBSラジオの『ヤングタウン土曜日』で語ったところによれば、『前々からいつ終わろう、いつ終わろうって』と語り、激怒報道を否定。さらに長年レギュラーを務めた中村玉緒と浅田美代子のオファーを取り付けたのは、さんま自身であったため、局から終了を伝えてほしいという意向があったことも明かしました」(芸能ライター)

 そして後番組『不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX』は、今田耕司とブラックマヨネーズが司会とあって、引き続き“吉本枠”として継続される形だ。しかし「ネットユーザーの間では、『数字が獲れなさそう』『吉本のバラエティーはもういらない』などと、厳しいコメントが出ています」(同)という。

さらにテレビ朝日では、6年間続いた『シルシルミシルさんデー』が打ち切りとなり、10月からは引き続き、くりぃむしちゅーMCの『びっくりぃむ』がスタートする。同番組は、過去に2回放送された「ドッキリ企画」の特番をレギュラー化したものだという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング