ジャニーズ番組、日曜だけで12本! テレビ関係者が語る「ジャニーズが重宝されるワケ」

サイゾーウーマン / 2014年9月28日 9時0分

 ほとんどのテレビ番組に吉本芸人が出演している状況が続いているが、吉本と同等に幅を利かせているのがジャニーズ事務所だ。日本テレビがTOKIO(『ザ!鉄腕!DASH!!』)、TBSがV6(『学校へ行こう!』から始まり現在は『アメージパング!』)、フジテレビがSMAPの『SMAP×SMAP』、テレビ朝日が関ジャニ∞(『関ジャニの仕分け∞』)と、ジャニーズの主要グループが各キー局を張っている。

 そんな中、この10月からはジャニーズ出演番組がさらに増加する。中でも日曜にジャニーズ担当・出演番組が集中しているようだ。

「日曜朝から順にたどると、KAT‐TUNの中丸雄一がレギュラー出演する『シューイチ』(日本テレビ系)から始まり、5人組ユニットA.B.C‐Zが体を張る『ABChanZoo』(テレビ東京系)、TOKIO・国分太一の料理番組『男子ごはん』(同)、Hey!Say!JUMPの3人が出演している『スクール革命!』(日本テレビ系)、嵐・二宮和也の冠番組『ニノさん』(同)、そして長らく『新堂本兄弟』(フジテレビ系)を担当していたKinKi Kidsが、『KinKi Kidsのブンブブーン』(同)というロケバラエティーを昼枠でスタートさせます」(ジャニーズに詳しい記者)

 午前7時30分から昼の2時まで息を付く間もないジャニーズ出演ラッシュだが、夕方から夜にかけても、怒涛のジャニーズ攻勢が続く。

「嵐・相葉雅紀の冠番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)、TOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)、V6・岡田准一の主演大河『軍師官兵衛』(NHK)、NEWS・手越祐也が番組開始以来レギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、そして10月からはTBS夜9時の日曜劇場に関ジャニ∞・錦戸亮が登板します。宮藤官九郎脚本の学園ドラマ『ごめんね青春!』で、ジャニーズWEST・重岡大毅も出演します。そして最後は、午後9時54分からテレビ東京で、ジャニタレが生放送でMCを務める『トーキョーライブ22時』が始まります。この番組には、TOKIO・松岡昌宏、KinKi・堂本剛、嵐・相葉雅紀、関ジャニ∞・安田章大、NEWS・小山慶一郎が出演し、週替わりのMCとはいえ、これまでにない豪華コラボです」(同)

 こうして、日曜朝から夜まで出ているジャニタレは合計12番組24人。だが、どうしてジャニタレばかりがこうも番組にキャスティングされるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング