SMAP・木村『HERO』が独走、嵐・松本『失ショコ』も健闘!ジャニドラ年間視聴率

サイゾーウーマン / 2014年12月30日 9時0分

 10月~12月に放送された米倉涼子主演『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、最終回で驚異の27.4%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得し、米倉の“一人勝ち”状態となった2014年の連続ドラマ。近年ではジャニーズタレントが出演しているドラマは「数字が獲れない」という風潮になっているが、14年の成績はどうだったのだろうか? 今回は、ジャニタレ出演ドラマの平均視聴率を振り返っていきたい。

■やっぱり木村は強かった! 2014年トップは『HERO』

 全時間帯を通じてジャニーズ堂々の1位に輝いたのは、SMAP・木村拓哉主演ドラマ『HERO』(フジテレビ系)で、平均視聴率は21.3%だった。01年に放送され、一大ブームを巻き起こした『HERO』は、13年ぶりの復活でも人気は衰えず。前作『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(TBS系、13年10月~12月)は平均12.8%になってしまったことで、ネット上では「キムタクはオワコン」という声も聞かれたが、人気作の続編で名誉を奪還。また、『HERO』は2期が安定した視聴率を誇ったことで、8年ぶりに映画化されることが明らかに(15年7月18日公開予定)。2期には登場しなかった雨宮舞子役・松たか子が復帰するとあって注目が集まっている。07年公開の劇場版は81.5億円の興行収入を稼いでおり、最新作ではどんな結果を残すのか、期待が高まる。

 一方で、ほかのSMAPメンバーでは、香取慎吾主演『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系)は平均視聴率7.4%と1ケタに。主演ではないものの、稲垣吾郎がメイン出演した『福家警部補の挨拶』(フジテレビ系)も9.7%と、数字には貢献できなかった。

■風間俊介&関ジャニ∞メンバー主演作品は低調

 午後8時~10時台に放送されたジャニタレ出演作のワースト1位は、風間俊介が出演し、柳葉敏郎が主演を務めた『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系)。大学の応援団をめぐる青春群像劇で、一部視聴者からは「毎回感動する」と高評価があがる一方、7話には3.6%を記録するなど視聴率は低迷。平均は5.2%に終わった。風間の出演作では、1月期の『僕のいた時間』(フジテレビ系)が10.1%と、ギリギリ2ケタだったことが救いだろう。

 また、午後8時~10時台放送で、デビュー組の出演作でいえば、最下位は平均6.9%の関ジャニ・大倉忠義主演『Dr.DMAT』(TBS系)だった。同局の木曜9時枠は低視聴率が続いており、『Dr.DMAT』の前に放送された『夫のカノジョ』(13年10月~12月)は、5話で3.0%と今世紀民放連ドラ最低記録を更新。ジャニタレを起用した『Dr.DMAT』も案の定、5~7話で5%に落ち込んでしまった。

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング