近藤真彦ライブ、後輩大集結もSMAP&Kis-My-Ft2不在! 「ジュリー派だらけ」の皮肉

サイゾーウーマン / 2015年12月15日 9時0分

 7月からスタートした近藤真彦のツアー『近藤真彦 THE三十五周年』が12月12日に最終日を迎えた。会場の日本武道館にはTOKIO、嵐ら多くの後輩が駆けつけ、近藤のデビュー35周年を盛大に祝福。“ジャニーズファミリー”の団結力があらためてうかがえる機会となったが、実際にはジャニーズ内の深刻な“派閥”問題が浮かび上がる構図となったようだ。

 ジャニーズJr.内ユニットのTravis Japanをバックダンサーとして帯同させ、ツアーラストを迎えた近藤。前日の11日は少年隊・東山紀之、NEWS・小山慶一郎、増田貴久、KAT‐TUN・中丸雄一、上田竜也のほか、生田斗真、風間俊介が観劇に訪れた。

「11日のMCでは、近藤が、一緒に仕事をした後輩の名前を覚えていなかったことが露呈し、会場がザワついたとか。近藤は12月3日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)でHey!Say!JUMP・伊野尾慧と有岡大貴とデパ地下めぐりをしていましたが、MCにて『ジャニーズJr.2人とデパ地下に行った』と言い出し、客席からはブーイング混じりでHey!Say!JUMPのメンバーだと訂正が入ったそう。レポートを見たファンからも『一緒にロケした後輩の名前くらい覚えて』『覚えないところ、さすがマッチって感じ』などと失笑を買っていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズでは、昨年デビュー20周年だったTOKIOや今年11月にデビュー20周年を迎えたV6など、節目のコンサートに先輩・後輩が集まることは恒例となっているため、近藤の最終公演にも「嵐やTOKIOが来るのでは?」とファンの間で予想されており、12日にはそれが現実となった形だ。アンコールの「Baby Rose」でステージの両脇から少年隊・植草一秀、元光GENJIの佐藤アツヒロ、元男闘呼組・岡本健一や、KinKi Kids、タッキー&翼、中山優馬、ジャニーズWEST・中間淳太のほか、一部メンバーは欠席したものの、TOKIO、V6、嵐、Hey!Say!JUMPが駆けつけた。また、スポーツ紙の報道によれば、会場に来られなかった関ジャニ∞からはワインのプレゼントが届いたという。

 一方で、SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏の管轄であるSMAP、Kis‐My‐Ft2のメンバーや、今月11日から帝国劇場で開幕した舞台『ジャニーズ・ワールド』に出演中のSexy ZoneやA.B.C‐Zは欠席となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング