「ジャニー喜多川ってやっぱスゲー!」V6・井ノ原快彦、Jr.の新ユニットに大興奮!

サイゾーウーマン / 2016年2月9日 9時0分

 V6の20th Century(トニセン、坂本昌行・長野博・井ノ原快彦)が、Sexy ZoneやジャニーズJr.など、若手の後輩に対する印象をラジオ番組で明かした。Jr.とは接点が少なくなっているトニセンだが、昨年12月11日~今年の1月27日まで帝国劇場で上演された舞台『ジャニーズ・ワールド』を観劇した井ノ原は、後輩の活躍に刺激を受けたようだ。

 2月6日放送のラジオ番組『V6 Next Generation』(JFN系)では、若い頃は少年隊・東山紀之ら、先輩が「大人に見えた」が、自分たちは「振り返ると何もやってなかった」と語り、そこから話題は後輩たちの現状に発展。かつて放送された『百識王』(フジテレビ系)などで井ノ原がA.B.C-Z・戸塚祥太やJr.と共演していたこともあり、坂本が「井ノ原はほら、後輩と交流たくさんあるけどさ、グループとして後輩と交流していかないとね」と切り出すと、井ノ原は「後輩、いまスゴイよ」と、Sexy Zone・佐藤勝利&中島健人が主演を務めた舞台『ジャニーズ・ワールド』の感想を語りだした。

「アイツらはスゴイね。俺ね、あぁいうジャニーズ系の舞台で久々にちょっと泣きそうになったっていうかね。ちゃんとしてんだよ。実力ある! 勝利と健人が出てるんだけど、健人も無茶苦茶歌うまいし、あとMr.KINGって、その下のヤツらなんだけど。平野(紫耀)くんってのが歌うまいね。あと海人って、高橋海人くんってのは踊りが無茶苦茶うまかった」

 と、メイン出演者を大絶賛。また、同舞台で結成が発表されたJr.内の新ユニット「天才Genius」(菅田琳寧・村木亮太・本髙克樹)については、

「『天才Genius』ってヤツらがいるんだけど。同じじゃん、意味。重複してんのよ、意味が。“天才”“Genius”だから。で、『何なのアレ!?』って戸塚に聞いたワケ。そしたら『あ、なんか“Genius”だとわかんないから“天才”つけたらしいっすよ』って。やっぱ、ジャニー喜多川ってスゲーなぁと思って」

 さらには、もし彼らがデビューとなった場合は、現在の「嵐」や「NEWS」が本来の言葉の意味ではなくグループ名として成立していることを例に挙げ、「“天才”って言ったら『あのグループだ!』ってなる日がいつか来るんだろうなと思うと、スゲーなぁと思って」(井ノ原)と、ジャニー社長のネーミングセンスにあらためて尊敬の念を抱いた様子。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング