ダレノガレ明美、ウエンツ瑛士の1年半留学に「私は2週間」と自虐も「今さら気づいた?」

サイゾーウーマン / 2018年8月29日 16時6分

写真

 ハリウッド女優を目指し、渡米することを明らかにしているタレントのダレノガレ明美が、Twitterを通じて、ウエンツ瑛士のロンドン留学についてコメント。それに対し、ネットユーザーから「あなたのはただの旅行でしかない」「自分の留学に対する真剣さが見られない」などとツッコまれる事態になっている。

 8月28日、ウエンツ瑛士はレギュラー出演しているバラエティ番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、10月から1年半、イギリスのロンドンで舞台の勉強をするために留学することを発表。9月末で芸能活動を休止するという。

「ダレノガレはこの発表を受け、自身のTwitterを更新し、『ウエンツくんすごい… 一時活動中止して留学するんだ…』と感心した様子を見せ、『私の2週間留学とか留学に入らないやん!笑笑』と自虐。『私は活動中止して留学できないから本当に尊敬する』とつづっていました。というのも、ダレノガレは、本格的な渡米の前にまずは2週間の短期留学に行くことを発表しているんです。このツイートに対し、ネットで『ウエンツの件がなかったら「留学のうちに入らない」って気づかなかったの?』『誰も留学なんて思ってないけど』といった呆れた声が噴出しました」(芸能ライター)

「留学」と称し海外に渡ったタレントとしては、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が挙げられるが、ネットからは「綾部と一緒になりそう」「しょせん綾部枠でしょ?」「綾部みたいに現地でインスタグラムアップするだけの人になりそう」といった揶揄も。

「綾部は2016年に『エンターテイナーになる』と宣言し、拠点をニューヨークに移すと表明。しかし、現在までに大きな成果を上げることはできず、インスタグラムの更新だけは続けていることから、『ニューヨークに行ってインスタグラマーになった』などと揶揄されることも少なくありません。綾部とダレノガレに共通するのは英語力の低さでしょう。綾部はまったく英語ができない状態で渡米し、ダレノガレも現在勉強中とのことですが、ここからオーディションに受かるレベルまで語学力が上達するとは、考えにくいと言われています」(前出・同)

 今回、ウエンツが潔く芸能活動を休止したのに対し、ダレノガレは活動を休止するつもりはないという。ダレノガレは、“第2の綾部化”を避けることはできるだろうか。今後の動きに注目したい。

(立花はるか)

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング