ジャニーズJr.・Love-tune解散、メンバー震え声で生謝罪……現役・元Jr.にも広がる混乱

サイゾーウーマン / 2018年12月4日 8時0分

写真

 7人組のジャニーズJr.内ユニット・Love-tuneメンバーが来年3月までに“全員退所”することが発表され、ジャニーズファン内外に衝撃が走った。多くのファンが意気消沈する中、ジャニーズの仲間や彼らと仕事をともにした関係者からも驚きの声が上がっている。

 2016年結成のLove-tuneは、安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の7人で活動。歌やダンスだけでなくバンドスタイルのパフォーマンスも行うなど、人気と実力を兼ね備えたグループとして人気を獲得。現在のJr.界では世代的に近いSnow Man、Travis Japan、SixTONESと同じステージに登場する機会が多かったものの、彼らが参加した今年3月開設のYouTubeの「ジャニーズJr.チャンネル」にLove-tuneは不参加。以降、活動機会が激減しJr.ファンは先行きを不安視している状態だった。

「そんな中、11月30日、Jr.のファンクラブサイト『ジャニーズジュニア情報局』にて、ジャニーズ事務所はLove-tuneメンバー7人の退所を公表。この数カ月間、メンバーと話し合いの場を持つも、『7名それぞれが自分の道を進みたい』という意志が固く、退所に至ったとのこと。安井は来年3月末、森田は今年12月31日が退所日となり、それ以外の5人は11月30日付ですでに事務所を去ったそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 翌12月1日、グループ最年長でリーダー的存在の安井は、Jr.内ユニット・HiHi Jetsの高橋優斗とパーソナリティを務めるラジオ番組『らじらー!サタデー!』(NHKラジオ第1、午後9時台)に生出演。オープニングで、

「昨日の発表で、たくさんの方々にご心配と本当に悲しい思いをさせてしまって、本当に申し訳ありません。僕たちは全員、皆さまが応援してくださったから、ここまでやってこれたと思っております。それもありまして、うやむやにしたくはないという思いもありまして、会社の方とお話させていただいて。昨日のような発表をさせていただくことになりました」

と、緊張しているのか、やや震え気味の声で説明。

「皆さまがいたから、僕たちは本当に夢のような景色、夢のような時間を皆さんに見させていただくことができました。本当にそれはもう、感謝という一言で言い切れないような思いなんですが。本当に僕たちを輝かせてくれてありがとうございます。そして、僕たちLove-tuneに関わってくれた、そして愛してくれたすべての皆さまに、本当に短い言葉で大変申し訳ないんですけれども。ありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング