水原希子、“ポルノ女優”に間違われ不快感示すも「職業差別」「偏見が出てる」と批判噴出

サイゾーウーマン / 2019年5月17日 15時13分

 5月17日、水原希子が自身のTwitterにて「男って心底うざい」と不快感を示し、これがネット上で物議を醸している。

「自身のインスタグラムにて、フランスで行われる『第72回カンヌ国際映画祭』のレッドカーペットへ参加すると報告していた水原。17日の深夜には、Twitterで『パリのUberの運転手に何の仕事してるの?って聞かれたから、女優の仕事してるよって言ったら、ポルノ?って聞かれた』と、タクシーでの会話を投稿し、『あはは。男を一纏めにするつもりないけど、男って心底うざいって思う瞬間あるわ』と怒りをあらわにしました」(芸能ライター)

 これに対し、ネット上では「デリカシーのない発言。頭にくるのも当然だね」「ジョークのつもりでも笑えない。からかいの域を超えてると思います」など、水原を気遣う声も寄せられているが……。

「一部ネットユーザーからは、『水原の書き方だと、本物のポルノ女優に対して失礼では?』『職業差別ですか?』『ポルノ女優への偏見がにじみ出てるな……』といった批判が出ています。水原は、タクシー運転手から“性的対象”として見られたことを不愉快に思ったのでしょうが、『ポルノ?って聞かれた』ことに腹を立てたようにも捉えられるため、波紋を呼ぶことに」(同)

 また、運転手から職業を問われた水原が「女優」と答えたことについて、「本人は女優のつもりなんだ……」「たしかに映画やドラマにも出てるけど、モデルメインだと思ってた」「自分の演技が酷評されてるって知らないの?」などと驚くネットユーザーも多い。

「水原は、2015年公開の映画『進撃の巨人』で人気キャラクター・ミカサ役に起用されるも、『原作のイメージと全然違う』『なんで水原なの!?』などと大ブーイングを浴びていました。また、17年9月に妻夫木聡主演で公開された映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』でヒロインを務めましたが、興行通信社調べのランキングでは初登場6位という微妙な成績に。それに加え、『水原の大根演技がヤバすぎた』『なんでこの人が女優やってるのか謎』と、演技を酷評されることに」(同)

 「女優気取りで心底うざい」「女優ならもっと演技磨いたら?」などの皮肉コメントも見られ、本来の主張とは別の部分で議論を呼んでいる水原。今後は、誤解を与えない言葉選びを心がけた方がいいかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング