山下智久、新曲が7年ぶり初日5万枚超え! 『インハンド』苦戦も「十分な売り上げ」

サイゾーウーマン / 2019年6月21日 8時0分

写真

 自身が主演を務める連続ドラマ『インハンド』(TBS系)のオープニングテーマに起用されている新曲「CHANGE」をリリースした山下智久。6月18日付のオリコンデイリーシングルランキングでは5万1,441枚を売り上げ、発売初日から1位に輝いた。2012年7月発売の「LOVE CHASE」に次ぐ好スタートを切ったものの、週間ランキング発表までに他アーティストの猛然を受ける可能性もありそうだ。

 2月発売の「Reason/Never Lose」に続いて、今年2枚目となるシングル「CHANGE」は、CDのみの完全生産限定盤と通常盤、CD+DVDの初回生産限定の3種類で販売。全国のCDショップや一部ネットショップで買った場合、オリジナルA5サイズクリアファイルのプレゼントがつくほか、CD封入のシリアルコード1つにつき、希望の回に応募できる「山下智久『CHANGE』スペシャルプレミアイベント」キャンペーンを実施中。イベントは7月3日と4日に都内、大阪府某所で行うもので、両日2回を予定しているという。

 前述の通り、同作は4月期の『インハンド』のオープニング曲だが、ドラマは初回に11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲った後、第10話までに7~9%を行き来するなど低迷。初回が最高視聴率のまま、21日の最終回を迎えることとなった。また、視聴者の間では山下の滑舌について、「現場でどうしてOK出るの? ってレベルで台詞が聞き取れない」「主人公はこういうキャラクターなんだろうけど、声が小さすぎて聞こえない」「声を低くしてボソボソしゃべってるからダメなんだよ」と、手厳しい声が相次いだ。

 ドラマ自体は“ヒット”とは言い難い数字をマークしていたが、新曲「CHANGE」は5万台で首位の滑り出しに。前作「Reason/Never Lose」は、約5年半ぶりのシングルだったものの、初日3万7,251枚で3位に初登場。週間ランキングでも6万5,156枚に留まり、STU48の「風を待つ」(27万6,316枚)に大敗を喫していた。

「それに比べ、今作は初日で5万台ですから、ソロアーティストとしては十分な売り上げでしょう。19日付のランキングでは1位をキープし、1万1,873枚がプラスされ、合計6万3,314枚となりました。2日で前作の週間データに近づくなど、順調に売り上げを伸ばしています。『Reason/Never Lose』以前のシングルは『SUMMER NUDE ’13』(13年7月)が初日に4万9,761枚、『怪・セラ・セラ』(13年3月)は4万7,614枚と4万台が続き、『LOVE CHASE』(12年7月)が5万4,244枚でした。『CHANGE』のデイリー記録は、この『LOVE CHASE』に最も近い高数字です」(ジャニーズに詳しい記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング