EXIT・兼近大樹、「売春あっせん逮捕」以外の黒い疑惑も――すでに「起用NG」のテレビ局も?

サイゾーウーマン / 2019年9月5日 8時0分

写真

 “パリピ系”お笑い芸人として人気急上昇中であるEXIT・兼近大樹の“逮捕歴”を、9月5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)がスクープした。上京前、風俗店に勤めていたという兼近は、個人での売春あっせん行為をしたことで、売春防止法違反容疑で逮捕されていたという。本人は取材に対して、「いつかバレることだった」と、どこか晴れやかな表情を見せていたようだが、衝撃の過去は今後の芸能活動に、どれだけ影響を及ぼすのだろうか。

「同誌では、売春あっせん逮捕のほか、2つの“疑惑”について報じています。兼近が窃盗でも逮捕されていたこと、また上京の資金作りとして知人女性から100万円を“借りパク”していたことについてですが、兼近はこれらを否定。しかし売春あっせんについては『簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました』と、ハッキリ認めています」(スポーツ紙記者)

 吉本興業では、過去にも木村祐一の元相方が同容疑で逮捕され、契約解除とともに芸能界を引退している。

「自らのファンである未成年女性をあっせんするという、かなり悪質な事件でした。しかし、兼近の逮捕は、今から8年前の2011年11月のことで、彼は当時19歳。吉本に所属する以前の出来事、しかもすでに罪も償われているという点で、即座に処分されるという形にはならなかったようです」(同)

 芸能界でも「デビュー前の不祥事は不問」という流れが一般的だが、兼近は逮捕までされており、しかも“性絡み”の犯罪という点で、世間や業界の反応次第では、活動が難しくなる可能性も。

「これに加えて、EXITは吉本の闇営業騒動が勃発した当初、兼近の地元の悪友とされる人物から、マスコミへのタレコミが急増していた。反社勢力との写真も存在すると言われており、一部テレビ局は、瞬間的にEXITの起用をNGとしていたようです。本人も、過去の素行に関しては、素直に認めていますが、テレビ局が1社でも本格的な“出禁”措置を取れば、全局がそれにならうかもしれません」(制作会社スタッフ)

 兼近は“前科”について、吉本にも一連の闇営業騒動の際に報告していたというが、結果的にその内幕は“週刊誌報道”という形で、世に出てしまうことに。「文春」の取材にも、記事を見る限り逃げることなく「誠意ある対応」を取ったようだが、果たして兼近の言動は、世間や業界にどう受け止められるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング