『ドクターX』首位確定!? 関係者に聞いた、10月期ドラマ“ビリ争い”は福士蒼汰と新木優子?

サイゾーウーマン / 2019年10月8日 12時2分

写真

 今週から10月期の民放連続ドラマが放送を開始する。ゴールデンプライム帯では、7日にディーン・フジオカが主演を務める『シャーロック』(フジテレビ系)がスタートを切り、8日に阿部寛主演の『まだ結婚できない男』(同)、9日には水谷豊主演『相棒 season18』(テレビ朝日系)や、高畑充希主演『同期のサクラ』(日本テレビ系)というように、続々と初回放送を迎える予定だ。そこで、業界関係者に今期の“注目作品”を聞いてみた。

「“高視聴率候補”と言えるのは、17日から米倉涼子主演で始まる『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第6シリーズでしょう。『私、失敗しないので』と豪語する主人公・大門未知子(米倉)の人気シリーズで、2017年10月期に放送された第5シリーズも全話平均視聴率20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同時期に放送された連ドラの中で唯一の“大台超え”を記録しました」(テレビ局関係者)

 同じテレビ朝日では、これまで放送されたシリーズの視聴率が全て2ケタ台を記録している『相棒』も好成績が見込めるものの、こちらは2クールで放送されるため、3カ月間での首位は『ドクターX』と見られている。

「むしろ今期は、『ドクターX』以外で、突出して高視聴率を記録しそうな作品はなさそうです。TBS系日曜劇場枠『グランメゾン東京』は木村拓哉主演だったり、『同期のサクラ』は、高畑主演で人気を博したドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の制作陣が手掛けていたりと、何かと手堅い作品が並んでおり、これらは20%超は厳しいものの、1ケタに低迷はしないだろうと予想できます。一方、大コケしそうな作品も特になさそうですが、強いて言えば、11日放送開始の『4分間のマリーゴールド』(TBS系)と、17日から始まる『モトカレマニア』(フジテレビ系)はビリ争い候補ではないでしょうか」(同)

 『4分間のマリーゴールド』は、「ビックコミックスピリッツ」(小学館)で連載されていた漫画家・キリエ氏原作のドラマ化で、主演は福士蒼汰。他人の手に触れることで、その人の“最期”が視えてしまう主人公・花巻みこと(福士)と、義姉・沙羅(菜々緒)の禁断のラブストーリーが描かれる。また『モトカレマニア』も、「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリ氏による同名漫画をドラマ化。こちらは新木優子と高良健吾のダブル主演で、難波ユリカ(新木)が元カレ・斉藤真(高良)を引きずるあまり“暴走”する姿をコミカルに描いた作品だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング