King&Prince・岸優太、『ZIP!』収録を“47分”止める異例の事態……「怖い」とパニック状態に

サイゾーウーマン / 2019年10月19日 8時0分

写真

 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)にて、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、King&Princeがさまざまなスポーツに挑戦するコーナー「MEDAL RUSH」が放送。10月14~18日は、岸優太が「BMX」に“再挑戦”した。

 今年5月に「BMXフリースタイル」に挑戦し、競技専用の小径自転車の前輪を持ち上げる“フロントアップ”と、後輪を上げる“リフトアップ”などの基本動作を練習した岸。今回は、BMX競技において日本初のオリンピック選手である、阪本章史選手の指導のもと、「BMXレース」を体験することに。

 いきなりレースへ挑むこととなり、高さ5m・傾斜35度のスタート地点に立った岸は、「え? こんな高いですか?」「一気に緊張してきたな……」とひるんでしまう。しかし、レースの相手が小学生だとわかった瞬間、「今日、勝っちゃっていいんですか!?」「画的に大丈夫?」と調子に乗り始める。

 余裕の表情を浮かべる岸だったが、いざレースが始まると、スタートダッシュで出遅れ、小学生たちとどんどん差が開いていく。それどころか、コース中にある障害物の山にスピード不足で登れず、自転車から降りて押し始める始末。やっと山を越えた頃には、すでに全員の小学生がゴールしていたのだった。

 その後、BMXレースで重要になるのは「スタートダッシュ」だと教わり、阪本選手の指導のもと、「ノンブレーキ」で坂を一気に駆け下りる練習をすることになった岸。しかし、“GOサイン”が出されると、岸は傾斜に恐怖を感じて「マジっすか!?」「怖いな~……」とパニックになり、なかなかスタートできず。収録を47分もストップさせる、異例の事態となった。やっとスタートを切るも、阪本選手は「ちょっと! 思い切りブレーキかけてたやん!」と指摘。「え? ブレーキかけてました、俺?」と岸はしらばっくれるも、阪本選手は「ブレーキ痕ついてるもん、ほら」と、地面にしっかりと残された“証拠”を指さす。岸は恐怖心のあまり、無意識でブレーキをかけていたようだ。しかし2度目の挑戦では、見事なスピードで駆け下りることができていた。

 その後、雨が降り最悪なコンディションとなるも、練習を続ける岸。デコボコに波打つ山を走りながら、自転車を加速させる「プッシュ走行」の練習では、阪本選手から「なんか動き気持ち悪い……ムニュムニュしてる」とドン引きされる展開に。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング