ジャニーズ、Jr.のファンクラブ内容変更で「納得できない」「滝沢は金儲け主義」と波紋

サイゾーウーマン / 2019年10月23日 9時0分

写真

 ジャニーズJr.を応援する人たちのためのファンクラブ組織「ジャニーズジュニア情報局」。10月20日、会員サイトで閲覧できる動画コンテンツに関する変更点が更新されたところ、ファンから大ブーイングの嵐が巻き起こっている。

 ジャニーズファミリークラブのHPによると、ジャニーズジュニア情報局の年会費は2,500円(+手数料140円)。会員特典はコンサート・舞台などのチケットや番組協力の申し込み、メール伝言板(メールマガジン)、会員限定動画の配信と記載されている。さらに、今年4月からは新企画のデジタル会報もスタート。中でもファンに人気の「会員限定動画」とは、クリスマスやお正月といった季節のイベントに関するメッセージをはじめ、公演が決まった際のタレントからの告知動画のこと。30分程度のコンサートのダイジェスト版映像もあり、DVD化されていない公演の一部分を視聴できるのだ。

 しかし、そんなジャニーズジュニア情報局のサービスが大きく変わってしまうという。

「Jr.といえば、昨年3月よりYouTubeに『ジャニーズJr.チャンネル』が誕生し、今年3月からはJr.公式エンタメサイト・ISLAND TVが始動。こうした動画コンテンツの多様化に伴い、2020年1月1日からは一部のメッセージ動画を除いて、情報局における動画コンテンツの掲載内容を変更すると発表がありました。なんでも、ライブ映像は今年12月31日をもって視聴できなくなり、掲載開始から1年以上経過しているメッセージ動画も、年内いっぱいで消えてしまうとか。来年1月以降は、公演メッセージ動画が『公演千秋楽翌日まで』となり、出演情報に関する動画は『放送終了の翌日まで』の公開とのこと。これまでは、過去の映像もさかのぼって再生できましたが、メッセージ動画も基本的に短期間で削除する方針になるようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 一方、ISLAND TVはコンサートなどの楽屋や、舞台裏などをタレントたちが撮影しているもので、かつてのアナログだったジャニーズ事務所の体制を考えれば、かなり進化したサイトだ。また、公演によっては500円でコンサートの前半部分を生配信しており、8月8日の『ジャニーズJr. 8・8祭り ~東京ドームから始まる~』は初めて全編にわたって生配信を実施。前半のみ(開演~中盤MCまで)と後半のみ(中盤MC~終演まで)はそれぞれ880円で、全編フル配信は1,500円で販売していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング