渋谷すばる、関ジャニ∞・横山裕と“再会”で「久しぶり感なかった」と報告! ファン感激

サイゾーウーマン / 2019年10月27日 8時0分

 と、約1年ぶりにもかかわらず、以前と変わらない空気感で会話できたそうだ。そもそも、横山とは関西ジャニーズJr.から一緒の“盟友”だけあって、「20年間ずっとほぼ毎日一緒にいた人で、1年ぐらい会わんかっても、“まぁそらそやろな”と……」と、長い付き合いだからこその絆を実感した様子。ちなみに、横山はメンバーの丸山隆平も食事に誘っていたが、当日の朝になって「体調悪い」と、断られたらしい。渋谷は「ヨコいわく、『たぶんマルは緊張して嫌がった』って(笑)」と楽しげに話しながら、「あとヤス(安田章大)とは電話でしゃべったかな」とも。

「ヨコが『もしもし』って(電話に)出て、『ちょちょちょちょ、ちょっと待ってな~』っつってパッて俺代わって。何も言ってない状態ですよ、俺なんて。いきなり俺はヨコから電話パッて渡されて。(中略)で、うわ~久々やなと思って。『あ、もしもしヤス?』っつったら『うわぁ、しぶやんや!』って。いや、わかんの早いな! みたいな(笑)。早っ! 感度よ! 感度! 感度がスゴいっていうね。わかるもんなんですね……」

 その後は「元気~?」「またメシでも行きたいね」といったやりとりがあったようで、渋谷は「おもろかったな~。なんにも変わってへんかった」と、しみじみ語った。かたや、横山との食事では、曲作りなどを行っていた旅の話をした上で、最終的なお店の支払いは彼が全部済ませてくれたとか。「なんか、いい大人になってるなと。カッコいいおじさまの感じに、ヨコなっていくんやなって感じに見えた。ちょっとカッコよかったな、ヨコ」と、久しぶりに会った横山の新たな一面を垣間見たという。

 さらには「誕生日(9月22日)の時に、ヨコ連絡くれて。『また行こうな』みたいなこと言ってたけどね。うれしかったな~と思って」と、今後も友人として交流を続けていく旨を示唆した。これを受け、関ジャニ∞ファンは「関ジャニ∞やメンバーの話を聞けるとは思ってなかったから、サラっと横山くん、安田くん、丸ちゃんの名前が出てきて泣いた」「ヨコに会うまで緊張してたけど、会ったら『昨日みたいやったわ』とか言ってるの聞いて、もうたまらなかった」「『うわぁ、しぶやんや!』って言うヤスが可愛いすぎる」「すばる、関ジャニ∞を捨ててなくて安心した」「ヨコとすばるくん、おじいちゃんになっても親友でいてほしい」と、歓喜している。

 一方で、ラジオ『ジャニーズWEST 桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送、10月24日放送)のパーソナリティを務めるジャニーズWEST・桐山は、昨年退所した元タッキー&翼・今井翼について言及した。この日の番組で「声が低い人」の話題になった際、桐山が「俺、翼くんに久々に連絡したな、昨日。なんとなく急にこう、携帯見てて。あ! と思って。出てきて、連絡してみようと思って『お久しぶりです』『ひさびさー』みたいな。元気やったで」と、告白。「文面でのお話ですけど」「『ご飯行きましょうよー』って言ったら、『行こう行こう、連絡して』って。ありがたいね。事務所は変われどね、やっぱり先輩ですからね」と述べており、直接的な先輩・後輩関係ではなくなった今も、尊敬の気持ちを抱き続けているようだ。

 桐山は、今井がメニエール病の再発によって音楽劇『マリウス』(昨年6月上演)の休演が決定した時、代役を務めた経験があるだけに、体調面も含めて気にかけていたのだろう。渋谷×横山、桐山×今井をはじめ、これからも元ジャニーズと現役タレントの交流エピソードが聞ける機会を楽しみに待ちたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング