関ジャニ∞、5人体制初シングルが初日15万枚で前作超え! 特典映像のトークが波紋呼ぶ

サイゾーウーマン / 2019年11月28日 8時0分

写真

 関ジャニ∞の新曲「友よ」が、11月26日付のオリコンデイリーシングルランキングで初登場1位を獲得。錦戸亮の脱退後、5人体制初となる作品だが、初日売り上げは前作より2万枚以上も跳ね上がり、好スタートを切った。そんなニューシングルに関して、カップリング曲の歌詞や、特典映像の“本音トーク”が大きな話題になっている。

 表題曲「友よ」は、ジャニーズの俳優・生田斗真主演ドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)の主題歌として起用された楽曲。販売形態は、初回限定盤、通常盤、47ツアーオフィシャル"BOY"Tシャツ付き盤、セブン-イレブン盤の4種類。セブン-イレブン盤のDVDには5人で泊まり込みをしながらバーベキューを楽しんだ「5人のドキュメント ぼちぼち大切な夜」が収録されている。

 今年3月発売のシングル「crystal」は初回限定盤、通常盤、期間限定-多謝台湾-盤の3種リリースで、発売初日のオリコンデイリーランキングでは13.7万枚を記録。今作の「友よ」は1日で15万9,245枚という数字を叩き出し、5人になっても根強い人気があることを証明した形だ。

「CDショップなどの店頭に並んだ26日は、ファンがSNS上で『#なぁ友よ』といったハッシュタグをつけて盛り上がっていました。大倉忠義はこの騒ぎを把握したのか、同日に公式携帯サイト・Johnny's webの期間限定連載『くらすます』を更新し、『#なぁ友よ』とつづって反応。グループ連載『関ジャニ戦隊∞レンジャー』の方でも、メンバー全員が文章中やタイトルに『#なぁ友よ』を入れ込んでいました。これにはファンも『エイトがファンのお祭り騒ぎに返信してくれた! うれしい!』『関ジャニ∞は公式のSNSをやっているわけじゃないのに、こんなふうにつながれるのは本当にスゴい』と、歓喜しています」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんな中、ネット上ではセブン‐イレブン盤の特典映像「ぼちぼち大切な夜」内でのメンバーの発言に注目が集まっている。撮影は9月4~5日、5人での新体制を発表する直前に行われたといい、5人だけのバーベキューは「台本なしの完全ドキュメント」だとか。『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系、8月14日放送)で、泉ピン子が語っていたこととして、安田章大は「ピン子さんはジャニーズの歴史をいっぱい知ってるから、『芸能界は長く続けることがとにかく大事だから、自分の意思も大事だけどそれだけでやっていくのは違うよ』って言われた」と明かしていたが、その場面に言及した流れで、「錦戸さん、どんなふうに聞いてたんやろ」(横山裕)「それはたぶん響いてないと思うよ」(大倉)などと、会話する一幕があったという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング