嵐・松本潤、二宮和也と「確実に溝ある」「相当恨んでる」の声――生放送中の姿にファン衝撃

サイゾーウーマン / 2019年11月29日 9時0分

写真

 11月27日に放送され、嵐・櫻井翔が総合司会を務めた音楽特番『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)。序盤に登場した嵐は『日本テレビ系ラグビー2019』のイメージソング「BRAVE」を歌ったほか、大トリとして「君のうた」「Turning Up」を披露し、番組を盛り上げた。そんな中、嵐の歌唱シーンに関して“違和感”を訴えるファンが続出している。

 この日、ジャニーズ事務所からは嵐をはじめ、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、ジャニーズWEST、King&Princeと、2020年1月に同時CDデビューするジャニーズJr.内ユニット・SixTONES、Snow Manが出演。デビュー組の8グループは番組内の「ジャニーズ青春ドラマメドレー」にも参加し、それぞれ人気ドラマの主題歌などをパフォーマンスした。

 参加メンバーで『ごくせん』(同)第1シリーズのエンディングテーマ曲であるV6「Feel your breeze」を熱唱する中で、嵐の5人が体を寄せ合ってカメラに目線を送る場面があったのだが、視聴者の間では「松本潤が二宮和也の肩に手を回していない」という指摘が複数上がっていた。

「嵐は、画面の右から相葉雅紀、櫻井翔、松本、二宮、大野智の順番で横並びになっていました。相葉、櫻井はそれぞれマイクを持っていない方の手を隣のメンバーの肩に置き、密着しているような状態でしたが、松本は二宮に触れていなかったんです。空いている片手は、リズムに合わせて手振りをしている程度でした。その横に立つ二宮は大野の肩に手を回していたので、松本だけが二宮を避けたような格好に。これにより不自然さが際立っていたのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 松本&二宮は末っ子の同い年コンビで、ファンからは「末ズ」と呼ばれ親しまれている。一方、この2人について、最近では“不仲説”も浮上。二宮は11月12日に結婚を発表したが、これを受けてお祝いコメントを出したのは櫻井と相葉の2人で、大野と松本は言及していないのだ。9月末にTOKIO・城島茂が結婚した際は、事務所を通じてメンバー全員が祝福コメントを寄せたため、なぜ嵐は4人分ないのかと、疑問の声が続出した。

「二宮の結婚相手が“匂わせブログ”騒動で嵐ファンを敵に回した元フリーアナウンサー・伊藤綾子である点を含め、2020年末の活動休止まで『待てなかったのか』といった批判も相次ぎました。一部で、コメントをしなかった大野や松本は『二宮の結婚を快く思っていないのでは』と、穿った見方をする人も。また、嵐は11月14日~16日にかけて、北海道・札幌ドームで『ARASHI Anniversary Tour 5×20』公演を行いましたが、ステージ上でメンバーが入籍の話題を切り出すこともなく、公の場においてはおめでたいニュースがスルーされている状況なんです」(同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング