木下優樹菜、炎上覚悟の「YouTubeデビュー説」の勝機は? 「元夫・フジモンと共演」を勧めるワケ

サイゾーウーマン / 2020年7月5日 10時0分

 タピオカ店オーナー夫妻とのトラブルが表面化し、昨秋から芸能活動を自粛していたタレント・木下優樹菜が7月1日、芸能活動の再開を発表した。ネット上では、「店側と和解できたの? そうじゃなかったら復帰すべきじゃない」「誰得?」「テレビに出てきても絶対に見ない」などと批判の声が上がる一方、「YouTubeで出直すのかな?」「これからはどんなキャラでやっていくつもりなんだろう」など、木下が今後どう活動するのかを気にする声も散見される。

 昨年10月、実姉の勤務していたタピオカ店オーナー夫妻にSNSで恫喝まがいのダイレクトメールを送っていたことが発覚して大炎上し、芸能活動の自粛を余儀なくされた木下だったが、1日、所属事務所を通じて芸能界復帰を突然発表。木下本人も、書面を通し、タピオカ騒動について「一般の方に対し極めて不適切かつ失礼な言動をしてしまったことを 心より反省しております」と謝罪し、「芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、 自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と復帰への思いを語っている。

 復帰は決まったが、まだ具体的なプランなどは何も発表されていない木下。活動自粛前にレギュラー出演していたTBSの『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』で復帰するのではというウワサが流れたが、同局はスポーツ紙の取材に対し、「まだ何も決まっておらず、 お答えすることはありません」と回答し、早期のレギュラー復帰を“やんわり”否定していた。

「木下とタピオカ店側はまだ和解に至っておらず、そうした現状を踏まえると、スポンサーの存在するテレビでは使いにくいのではと予想されます。やはり店との話が決着した上で、あらためてファンや関係者に報告・謝罪を行い、徐々にテレビ復帰をしていくのが筋だと思います。なので、まずはやはりネットでの活動がメインになるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 ネット上では、テレビへの本格復帰が難しいと見越した上で「YouTuberになるのでは?」との見方が強い。最近は確かに、不祥事を起こした芸能人の復帰の場として、YouTubeが選ばれるケースが頻出している。

「YouTubeでの復帰なら、闇営業騒動を起こした雨上がり決死隊・宮迫博之や、後輩へのパワハラ疑惑で物議を醸したTKO・木下隆行の場合と同じく、初回はおそらく謝罪動画をアップするでしょうね。その後、人気YouTuberとコラボ動画などで話題作りを行うのが、よくある流れ。宮迫やTKO・木下の時と比較され、ネット上では大きな話題になるのは間違いありません」(同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング