ジャニーズ、公演再開&配信ライブ決定も大混乱! 「笑えない」「ファンのこと考えてない」と不満噴出のワケ

サイゾーウーマン / 2020年7月17日 8時0分

写真

 A.B.C-Z・橋本良亮が出演する音楽朗読劇『日本文学の旅』が、7月9日に東京・よみうり大手町ホールで開幕。新型コロナウイルス感性拡大防止のため、国内でも各公演が延期や中止となっていたが、ジャニーズ事務所のタレントの中で、橋本は外出自粛期間が明けて以来、初めての舞台出演者となった。このほか、Sexy ZoneやSixTONESなど、コンサートの振替公演が続々と発表されたものの、ジャニーズファンからは否定的な反応が多く上がっている。

 ジャニーズグループの主催公演は2月下旬より開催を取りやめていたが、7月10日に公式サイト・Johnny's netで「政府より定められております条件に則り、また、皆様に安心して公演をお楽しみいただくための感染予防対策を講じた上で公演を再開することといたしました」とアナウンス。まずは、3月に始まる予定だった『Sexy Zone LIVE TOUR 2020』の日程が明らかになり、8月21日の大阪・大阪城ホールを皮切りに、振替公演を行うと発表した。

「Sexy Zoneに続いて、SixTONES、関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子、Lil かんさい、Aぇ!groupも8~9月の振替公演開催が決まりました。SixTONESは北海道、関西勢は大阪の会場からスタートする予定ですが、東京都内は7月に入って新型コロナ感染者が増えている上に、北海道や大阪も新たな感染者が確認されている状況。ジャニーズファンは喜びと同時に、複雑な思いを抱えているようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズ事務所といえば、「Johnny's Smile Up! Project」の一環で、医療機関に防護服やマスクを届けるなど、新型コロナ蔓延を受けてさまざまな支援活動を行っている。6月にも「Johnny's net オンライン」で有料配信の『Johnny's World Happy LIVE with YOU』を実施し、配信の収益は「Johnny's Smile Up! Project」を通じて、医療従事者向けの支援に役立てると公表していた。それだけに、ファンからは「今まで率先して感染予防や医療従事者への支援活動をやってきたのに、振替公演で感染者が出たら笑えない」「ジャニーズのライブ再開は反対。『Smile Up! Project』の活動を無駄にしないでほしい」と嘆く声も上がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング