田中圭、映画『総理の夫』主演決定に「さすがに飽きた」!? 「またぶりっこおじさん演技か」とウンザリ声も

サイゾーウーマン / 2020年10月22日 14時35分

 2021年秋に公開予定の映画『総理の夫』で、田中圭と中谷美紀がダブル主演を務めることが発表された。田中は18年4月期に主演した連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレークして以降、“売れっ子”状態で、来年もこの勢いが続くのかと思いきや、「“ウンザリ”しているネットユーザーも少なくない」(芸能ライター)という。

「同作は、小説家・原田マハ氏の『総理の夫 First Gentleman』(実業之日本社)を実写化。田中は、“日本初の女性総理”となる妻・相馬凛子(中谷)を支えつつ、自身も“史上初のファーストジェントルマン”として担ぎ上げられてしまう夫・日和を演じます」(同)

 さまざまな作品に引っ張りだこの田中は、今年、連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課 神崎・黒木』(TBS系)『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)に主要な役どころで出演。ほかにも、連ドラのゲスト出演や単発ドラマの主演、映画出演をこなし、さらにバラエティ番組『ぐるナイ』(日本テレビ系)の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」にもレギュラーとして参加している。

「それだけに、ファンは『圭くんの新映画うれしい! けど、働きすぎじゃない?』『いつか過労で倒れてしまいそう』などと心配している様子。一方、ほかのネットユーザーからは『また田中圭!?』『人気なのはわかるし嫌いではないけど、さすがにもう飽きてきた』『田中圭以外にも、良い俳優さんはたくさんいるのに』といった声も寄せられています」(同)

 また、原作の相馬日和・凛子夫妻は“年下夫と年上妻”の組み合わせで、キャスティングされた田中と中谷にも実際に8歳の年の差がある。

「田中は、昨年の連ドラ『あなたの番です』(同)でも原田知世とダブル主演し、“年の差夫婦”を演じていましたが、その際に『いくら年下夫の役だからって、かわい子ぶりすぎ』との意見もあったんです。そのため、『総理の夫』に関しても『また田中圭の“ぶりっこおじさん”演技を見せられるのか……』『田中圭のあの感じ、あざとくてウンザリしちゃうんだよな』という厳しい指摘も出ています」(同)

 そんな田中といえば“お酒好き”でも知られているが、今年7月発売の「女性セブン」(小学館)では、二日酔いの状態で『アンサング・シンデレラ』の撮影現場に現れたと報じられ、9月にはNHKのニュースで“タクシーの料金を支払えないほど泥酔し、警察に保護されていた”と伝えられた。

「こうした報道もあるだけに、ファンは多忙のストレスを、またアルコールで発散するのではないかと心配している様子。『総理の夫』はすでに撮了しているそうですが、映画公開までに、また飲酒絡みのトラブルなどないことを祈ります」(同)

 田中の出演ラッシュは、果たしていつまで続くのだろうか――。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング