有村架純『姉ちゃんの恋人』早くも視聴率が大暴落! “恋愛ドラマで数字取れない女優”のレッテル

サイゾーウーマン / 2020年11月7日 10時0分

 女優・有村架純主演の連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の視聴率が、11月3日放送の第2話で6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで落ち込んだ。

 第1話は9.2%と、まずまずの滑り出しだったが、第2話で3.0ポイントの大幅下落。一気に低視聴率ドラマの仲間入りを果たしてしまった。

 同ドラマは、岡田惠和氏によるオリジナル脚本の恋愛ホームドラマ。有村は、事故で両親を亡くし、ホームセンターで働きながら弟3人を養う27歳の“肝っ玉姉ちゃん”を演じている。

 有村と岡田氏は2017年前期にヒットしたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』でタッグを組んだ仲。さらに今作は相手役が林遣都、弟役にはKing&Princeの高橋海人と旬の俳優陣がキャストに名を連ね、視聴者の期待は高まっていたが……。

「初回の視聴率には、視聴者の期待の高さが現れていましたが、第2話でまさか3.0ポイントも落ち込んでしまうとは……。第2話放送の3日は祝日で、裏番組は特番が目白押し。TBSは『V6の愛なんだ2020』、日本テレビは『ザ!世界仰天ニュース』スペシャル、さらにアメリカの大統領選挙の投票スタートとも時間がかぶり、NHKでは選挙特番が放送されていました。ただ『ライバルが強すぎた』という影響もあったとはいえ、残念な数字であることに違いありません。今秋の民放プライム帯ドラマで6%台まで落ち込んでいるのは、同作のほかには『ルパンの娘2』(フジテレビ系)のみ。このまま‟爆死コース“を歩むことになりそうです」(芸能ライター)

 有村がこれまで主演した民放のゴールデンプライム帯の連ドラは、16年の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)と18年の『中学聖日記』(TBS系)の2作。いずれもネットでは話題となったものの、全話平均はそれぞれ9.7%、6.9%と振るわない結果だった。

「これら2作と『姉ちゃんの恋人』は、いずれも恋愛ドラマ。現在は正攻法の恋愛ドラマでは数字が取れないと言われる『恋愛ドラマ冬の時代』だけに、致し方ないとも言えますが、今回で『有村主演の恋愛ドラマでは視聴率が取れない』というレッテルが業界内で貼られてしまいました。どの作品でも、少し不遇ながらもマジメでピュアで前向きで……といった役どころであることも、マンネリ化につながっているのでは。この際、次はまったく別ジャンルの連ドラに挑戦してみるのもいいかもしれません」(芸能関係者)

 次作では有村の大胆な路線変更が期待できるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング