“闇スロ”退所、元ジャニーズ・山本亮太が“意味深”動画公開で「謝罪が先」「何したかわかってるの?」と批判の声

サイゾーウーマン / 2020年11月17日 9時0分

“闇スロット通い”を報じられ、10月1日をもってジャニーズ事務所から契約解除された元ジャニーズJr.の山本亮太。そのまま表舞台を去ったが、11月14日にTwitter上で「この度山本亮太はTwitter、TikTok、YouTubeを開設します」と告知し、再始動を宣言した。熱心なファンは「待ってました!」と祝福しているものの、山本が所属していたグループ・宇宙Sixは「連帯責任」として解散に至っただけに、芸能活動復帰にあたって手厳しい声が噴出している。

 山本は、2001年にジャニーズ事務所に入所。M.A.D、They武道というJr.ユニットを経て、16年11月に宇宙Sixが結成された後は、個人でも舞台を中心に俳優活動を行ってきた。そんな彼が「違法闇スロット店に出入りしている」と、10月2日にニュースサイト「文春オンライン」が報道。同日、ジャニーズは公式サイトで「この度、山本につきまして、スロット店で賭博行為に及んでいたという重大な契約違反行為が確認されたため、弊社は、昨日をもちまして山本との専属契約を解除いたしました」と、公表した。

「この時、山本は舞台『川崎ガリバー once again』で主演を務めていましたが、事務所の発表を受けて全公演中止に。主演舞台『通りすがりのYouTuber』(12月9日~16日)も降板し、Jr.の冨岡健翔に変更となりました。『文春』報道以降、消息不明となっていた山本ですが、31歳の誕生日を迎えた11月14日にTwitter上で『たくさんの方々の支えやサポート、ファンの皆さんの応援があり、今こうしてスタートダッシュをきることができます』『これからの僕の進化を見届けてください』と報告。そして同日午後6時、YouTubeに動画『山本亮太 「Re:BORN」PV』がアップされ、Twitterでは『今は多くのことを語れませんが本当にたくさんの支えがあり、こうして自分を表現できる場があります。自分には多く語れない分たくさんダンスで表現していこうと思ってます。どうか温かく見守っていただけたら嬉しいです』と、暗に報道内容には触れられないことを示唆しつつ、ファンに変わらぬ声援を呼びかけました」(ジャニーズに詳しい記者)

 ツイートのリプライ欄には「りょーちゃんがのびのびと活動できるようになってよかった!」「これから、いろんなりょーちゃんに会えるのを楽しみにしてるね」「踊ってる亮ちゃんが大好きだから、PVが見れてうれしかった。ずっと応援し続けたい」と、温かいメッセージが多数見受けられる。しかし、ファンへの“謝罪”の言葉がしなかっただけに、YouTubeのコメント欄は「山本さん、さすがに謝罪が先では?」「好きなことやるのはいいけど、その前に言わなきゃいけないことがあるんじゃない?」「自分が何をしたか、わかってるの? こんな動画出す前にファンに謝罪しなきゃダメじゃない?」と、シビアな声も。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング