Hey!Say!JUMP・高木雄也、映画『えんとつ町のプペル』を大絶賛! ファンは「西野に関わるな」「目を覚まして」

サイゾーウーマン / 2021年2月4日 8時0分

写真

 キングコング・西野亮廣が原作・脚本・製作総指揮を務めたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』(昨年12月25日公開)。西野が主催するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の一部会員が映画のチケットを大量購入した一件をめぐって、「信者商法」などと騒ぎになっている作品だ。映画自体は“ヒット”を遂げており、1月17日の段階で累計動員数が103万人、興行収入は14億円を記録(累計数は興行通信社調べ)。Hey!Say!JUMP・高木雄也は自身のラジオ番組で同作を絶賛していたが、その声が西野の耳にも届いたという。

 原作は、絵本としては異例となる60万部を突破した『えんとつ町のプペル』(幻冬舎、2016年10月発売)。煙に覆われたえんとつ町を舞台に、えんとつ掃除屋の少年・ルビッチと、ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが巻き起こす奇跡を描いた物語で、映画版では、窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、伊藤沙莉、國村隼らが声優で参加している。

 その映画版について、Hey!Say!JUMP・高木はラジオ番組『JUMP da ベイベー!』(bayfm)でトーク。1月8日放送回にて同作のエンディング主題歌「えんとつ町のプペル」(ロザリーナ)を流し、ともにパーソナリティを担当する有岡大貴に、選曲理由をこう説明していた。

「映画を見たのよ。めちゃめちゃいい映画だったのよ。本当に絵もキレイだし、スゴいんだけど。やっぱ中身がね、大人のほうがスゴいたぶん、響くと思う。考えさせられる。人間の本質的なところとか。本当にね、マジ泣くから見て!」

 原作の絵本は、Hey!Say!JUMPメンバー間でのクリスマスプレゼント交換会にも持っていったほか、自分用にも一冊購入したという。絵本を読んでよほど感銘を受けたのか、「一人で(映画を)見に行ったんだから、俺。スゴくない!?」と有岡に訴えかけ、さらには「良すぎて、西野さんにも(自分の気持ちを)伝えたいと思って!」と興奮。「だから俺、西野さんの名前調べて、『交友関係』って調べた。ネットで。誰か自分と同じ共通の友達いないかなって」と話すほど、影響された様子。

 有岡が「こうやって(ラジオで)発言したことによって、もしかしたらオンラインサロンのメンバーさんとかが西野さんに伝えてくれるかもしれない」と言うと、「伝われ~! 最高でした~!」と、アピールしていたのだった。

 そして、29日の『JUMP da ベイベー!』では、高木と同じく「この映画が大好き」というリスナーから届いたお便りを紹介。このリスナーは、西野のYouTube生配信で「Hey!Say!JUMPの高木雄也くんがラジオで『プペル』を絶賛していて曲もかけていました」とコメントしたところ、「西野さん本人が読んでくださいました。『西野さんは『うれしい! お礼言っといてください』とおっしゃってくれて。さらに、『高木さんのラジオ出たいな!』とも言ってくれていて、うれしかったです」と、報告していた

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング