1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

嵐・相葉雅紀、『VS魂』視聴率5.8%で“自己最低”を更新! 「ゲームに見応えない」「ジャニーズ弱すぎ」の声も

サイゾーウーマン / 2021年4月11日 8時0分

写真

嵐・相葉雅紀、『VS魂』視聴率5.8%で“自己最低”を更新! 「ゲームに見応えない」「今はもう見てない」の声も

「ジャニーズのチームが弱すぎ」!? 嵐・相葉雅紀『VS魂』視聴率5.8%の大コケ……「見応えない」と不満のワケ

『VS魂』開始から3カ月、“自己最低視聴率”を更新! 不振の原因は「見応えのないゲーム」「面白さが伝わりにくい」!?

 

 今年1月、昨年まで放送されていた『VS嵐』(フジテレビ系)の後番組としてスタートした『VS魂』。嵐・相葉雅紀がMCを務め、ジャニーズ事務所の仲間たちがレギュラーに加わったが、ネットユーザーからは「『VS嵐』に比べて面白くない」「ゲームがつまらない」などと、否定的な感想も上がっている。そんな中、4月8日放送回では、自己最低視聴率を更新してしまった。

 『VS魂』には相葉をはじめ、風間俊介、Sexy Zone・佐藤勝利、ジャニーズWEST・藤井流星、King&Prince・岸優太、ジャニーズJr.内ユニット・美 少年の浮所飛貴がレギュラー出演中。『VS嵐』時代と同じく、ゲストを迎えてさまざまな対決を繰り広げていくゲームバラエティで、サイコロを使ったボードゲーム・DAMASHI魂や、ポップンボウラー、ドローンエスケープなどが行われている。

 番組開始から3カ月たったが、一部視聴者の間では「『VS魂』はゲームに見応えがない」「この番組のゲームは見ていてつまらない。毎週欠かさず『VS嵐』を見ていたけど、今はもう見てない」「『VS嵐』の頃と違って、若いジャニーズがゲストを置いてけぼりにしている感じ。ファンには面白んだろうけど……」「嵐のチームワークの良さ、空気感が楽しかったけど、今のレギュラー陣はよそよそしさとか遠慮が感じられる」といった、シビアな声も少なくない。

 また、『VS魂』チームの勝率も悪く、「ジャニーズのチームが弱すぎて見てられない」との意見も。一方、ジャニーズファンは「だんだんチームワークが良くなっているから、これからが楽しみ」「『VS魂』がすぐに『VS嵐』を超えるなんて思ってない。長い目で見ることが大事」などと前向きに捉えているようだが、不評ぶりは数字として表れてしまっているようだ。

「1月3日の初回3時間スペシャルは、午後6時~7時台が世帯視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、7時~9時は9.0%でした。レギュラー放送1回目となる翌週14日も、裏番組の『プレバト!!』(TBS系)などが2ケタを獲る一方、『VS魂』は9.1%と1ケタのままで、同21日放送回は6.4%にダウン。なかなか2ケタには届かず、4月1日まで見ても6~8%台が続き、低空飛行のままなんです」(ジャニーズに詳しい記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング