寅年×申年は大きな成功をつかめる仲! プラマイ“6歳”の人が幸運を招く

サイゾーウーマン / 2012年5月21日 12時0分

写真

 職場ではさまざまなストレスが渦を巻いています。仕事内容や人間関係につまずいて、どう対処すればいいのかわからない人も多いでしょう。こんなとき、頼りにしたいのが6歳年上、または6歳年下の人。じつは、プラスマイナス6歳というのは「裏干支」に当たる人たちで、あなたを成長させたり、成功させたりする役割を担っているのです。たとえば、あなたが辰年なら戌年の人が裏干支に当たります。

 十二支にはそれぞれ特有の性質があるといわれています。裏干支は「裏」というくらいですから、自分の干支とは正反対の性質をもっているもの。つまり、裏干支の人と接することで自分にはない逆転の発想を学ぶことができるのです。

 12星座の裏の関係
と少し似ていますが、こちらは年の差があるので師弟関係といってもいいかもしれません。

 どちらが年上でも、相手はあなたの人生の師。教えていただくという姿勢で接することで、あなたの考えに広がりが出て、人生をより豊かなものにできるはずです。もちろん、仕事面でもメリットを期待できそうです。では、さっそく学ぶべきポイントを見ていきましょう。

■子年×午年……気配りを怠らない大胆な行動が可能に
 子年は慎重派。つねに状況判断を怠らず、微調整を加えながら仕事を進めていくタイプです。ただ、周囲を見ているからこそ動けないといった事態に陥りがち。切り込み隊長である午年の力添えを得ることで、大胆に行動できるようになるでしょう。一方の午年は、周囲への細かい配慮ができないタイプ。細心な子年の助けを借りることで人間関係を円満にできそう。

■丑年×未年……挫折せずに最短で目標を達成できる
 意思が強いのはいいけれど、裏を返せば思い込みが激しい丑年。視野が狭くなりがちなので、見当はずれの方向にばく進していることもしばしば。客観的な未年の視点を参考にすると、回り道をぐんと減らせるはずです。対する未年は、周囲を気にしすぎて、主張を通しきれないキャラ。目標完遂型の丑年の姿勢を見習うようにすると、妥協や挫折が少なくなりそう。

■寅年×申年……効率よく大きな成功をつかめる
 寅年は夢追い人。夢を実現させようと準備不足のまま走り出すので、玉砕することが多いでしょう。けれど、申年の現実感覚があれば、効率よく夢を軌道に乗せることができるはず。損得勘定で物事を考える申年も、寅年の大志は見習いたいところ。寅年の夢見る力に触発されて、小さくまとまらず、大きな成功をつかむことができるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング