「風水にハマっているタレントは?」第二のオセロ中島を探すテレビ局

サイゾーウーマン / 2012年4月22日 8時0分

写真

 所属事務所や家族の説得により、ようやく自称占い師の支配から脱却したオセロ中島知子。現在も家族の元で療養中だという。一方で占い師もフジテレビの独占インタビューに答えたことから、表向きには騒動は完全に終了したといっていいだろう。

 しかし格好の芸能ネタが終わってしまったことから、ワイドショー関係者は「次の事件を探せ!」と息巻いているという。先ごろから騒がれている小林幸子のお家騒動もそうだが、大手芸能プロダクションが絡まない今回のような事件は、取材規制もないためテレビ局からすれば「ドル箱ネタ」になるのだという。

「自宅を張れば占い師の親族が出入りし、また途中から中島のマンションのオーナーであることが判明した本木雅弘に関しても、義父母である内田裕也や樹木希林が『聞けばなんでも答えてくれる』状態。特に動きはありませんでしたが、毎日同じ流れを繰り返すだけで視聴率も上々とあって、局上層部はウハウハでした」(ワイドショー関係者)

 そこで現在は、「マインドコントロールにかかってしまいそうな有名人」探しが行われているという。とあるワイドショーにコメンテーターとして出演した出版関係者はアンケートに協力したと明かす。

「中島さんの事件のおさらいをするコーナーに出演したのですが、テレビ局から『風水にハマっている芸能人』や『パワーストーンを身に着けている女優は?』といったアンケートが事前に送られてきました。結局放送に使われることはほとんどなかったのですが、今後何かが起こった際の資料に使われるような気がして気分が悪かったですよ」

 中島騒動がまったく報じられなくなった現在でも、こういった内容のアンケートや質問を行う局が多いという。

「中島に関しては、他の芸能ニュースがまったく取り上げられなくなることから、“芸能界の実力者”から『ほどほどにするように』というお達しが出ていました。小林の件に関しても、一方的に切られた元事務所社長が実力者に対してフォローをお願いしたことから、こちらも現在では下火になっています。そこで、局サイドとしては『第二の中島』をみつけ出したいといったところなのでは」(芸能記者)

 次のドル箱ターゲットを求めて、ニュースを“作り出して”いるワイドショー。中島のような被害者は生まれないに越したことはないのだが……。

※画像は松竹芸能株式会社HPより


【関連記事】

家賃滞納で訴訟騒動に! オセロ中島知子は「社内でもアンタッチャブル」

不倫は氷山の一角? 井上陽水の人間性を義母が徹底糾弾

嵐にキレた! 激太りとストレスに追い詰められたオセロ中島

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング