"黒い過去"を持つハリウッド俳優が、9・11の犠牲者を冒涜する発言

サイゾーウーマン / 2012年1月22日 12時0分

 16歳の時、道を歩いていたアフリカン・アメリカンの子どもたちを自転車で追いかけまわし、「オレらはクソッ垂れた黒人が嫌いなんだよ。さっさと失せろっ!」「ニガーを殺せ! ニガーをぶっ殺せ!」と人種差別で、侮辱的な罵声を浴びせながら、投石。ケガ人も出ており、起訴されている。17歳の時には中年のベトナム人男性を意識不明になるまで執拗にリンチし、片目を失明させるという大ケガを負わせた。この件で、マークは殺人未遂罪で逮捕されており、45日間刑に服している。

 2006年に受けた米「ABC」のインタビューで、マークはこれらの黒い過去について、「後悔することをした。そのことには長年苦められてきた」「仕事が順調になり、他人に対しても、自分に対しても、正しい行いをできるようになってから、やっと罪の意識から解放されたんだ。今は、夜ぐっすり眠ることができるよ。朝起きるとすっきりしていて、いい気分だし」とコメント。世間からは、微妙な発言だと受け止められた。

 マークが、今でも人種差別主義者なのかは定かではないが、もしそうであれば、白人以外の人種が起こした同時多発テロに対する嫌悪感は人一倍強いだろう。そして、それが今回の「ファーストクラスを血の海」にするまで攻撃し、テロリストたちを一人残らずぶっ倒すという発言につながったのかもしれない。

 ユナイテッド航空93便の遺族だけでなく、マークに理由もなくリンチされたベトナム人男性やその家族の神経も逆なでするような今回の問題発言。ラッパーから下着モデルを経て、ハリウッド・ピラミッドの頂点まで登りつめて来ている彼は、「天狗になっているのではないか」といった意地悪い声もネットでは流れている。


【関連記事】

E・マーフィーがアカデミー賞の司会を降板! 原因は監督のゲイ差別?

サイエントロジーパーティーでのトム・クルーズのはしゃぎっぷりがすごい!

"被害者"の態度が急変! S・セガールの「子犬殺し」の真相はいかに?



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング