酒井法子の復帰を急ぐ、サンミュージックの切羽詰まった台所事情

サイゾーウーマン / 2012年9月25日 9時0分

写真

 2009年8月に覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕された酒井法子が、今年12月中旬に舞台で復帰することが判明した。有罪判決後に始めた介護の勉強は今後も続ける意向だというが、芸能界を引退して介護の道に進むと宣言していただけに、芸能界復帰は早すぎるという声が上がっているが……。

「酒井の復帰は、彼女自身以上に元の所属事務所であるサンミュージック側の意向のほうが強い。というのも、逮捕前まで事務所の看板タレントだけであっただけに、逮捕されたことで発生した違約金が莫大で、逮捕から3年たった現在でも数億円単位の借金が残っているんです。そのため少しでも早く復帰してもらって、違約金の返済をしてほしいようです」(広告代理店)

 サンミュージックは、先日番組のロケで稼ぎ頭のスギちゃんがケガをして一時的に休業を余儀なくされたことも痛かったという。

「スギちゃんについては一発屋の可能性が高いだけに、事務所も『今しかない!』と仕事を詰めまくっていたが、ケガで数千万円分の仕事がパーに。それだけに『ベッキーまで倒れたら、サンミュージックは潰れる』といわれているぐらい切羽詰まった状況ですね。酒井が逮捕されたのは、事務所が新社屋に引っ越した当日だったのですが、違約金によって負った借金で節約を強いられるハメになり、アナログ放送が終わる直前まで事務所内ではブラウン管を使っていたほどです」(サンミュージック関係者)

 舞台を皮切りに本格的に芸能界活動を再開させるといわれる酒井。しかし、しばらくは自らが作った違約金の返済のため、タダ当然で事務所からの仕事に励むことになりそうだ。


【関連記事】

元夫逮捕で露呈した、酒井法子“利権”を争う建設会社とサンミュージック

恐喝だけじゃ済まない!? 酒井法子、実弟が抱える“爆弾”の存在

酒井法子、復帰コンサートを計画中! バックアップ陣には民主党議員も

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング