熱愛発覚から10年......渡部篤郎&中谷美紀の"略奪婚"に赤信号?

サイゾーウーマン / 2012年1月26日 8時0分

写真

 26日発売の「女性セブン」(小学館)に報じられた「中谷美紀は知らない!渡部篤郎"背信"の誕生日撮」。今月12日の深夜、渡部はかねてから交際中の中谷美紀ではなく、松下奈緒似の美女とただならぬ雰囲気で寄り添っていたという。とあるラウンジに渡部は男女合計6人で訪れていたそうだが、居合わせた客は「渡部さんは彼女の肩をず~っと抱いていて、自分のほうへ引き寄せるようにしていました。そのまましばらく見つめ合っていたりもして...」と証言している。

 渡部と中谷の交際が発覚したのは2003年、まだ渡部が前妻である村上里佳子ことRIKACOと婚姻関係にあった頃。ふたりの"不倫パリ密会"も話題になったが、05年には離婚が成立して完全な略奪愛状態に。その後は「調整がつき次第入籍か」とみられていたが、いまだ実現には至っていない。

 そんななかで「いよいよ結婚では」と最初に目されたのは、2009年3月に渡部が中谷と同じ芸能プロダクションに移籍した時だった。

「中谷所属のスターダストプロモーションは業界でも最大手プロダクションで、マスコミ対策もお手の物。先日も不倫報道の末に一路真輝と離婚した内野聖陽も、騒動後は同社に移籍しています。同じ事務所であればスケジュール管理やマスコミ対策も楽に行えますし、これはいよいよ結婚だろうと目されていました」(芸能ライター)

 ところがその後から現在に至るまで結婚の様子はなく、それどころかスターダスト側はふたりの交際や同棲に関してこれまで一切認めてはいないという。

「東京の渋谷区、特に広尾や松濤近辺の飲食店では目撃談が山ほどありますし、渡部が事務所を移籍した時期には同棲報道も出ています。今回の『女性セブン』の記事でもハッキリと『同棲』と書かれていますが、この件に関してスターダストがオフィシャルに認めたことは一度もないのでは。スターダストは意にそぐわない記事を書かれると『出入り禁止』などのペナルティをメディアに課してくることも多く、大手事務所ということもあって余程の大ネタでなければ、記事掲載自体を見送ることもザラにあります」(週刊誌デスク)

 こういったどっちもつかずの状況の中、すでに10年が経過している中谷と渡部。秒読みと言われた入籍もいまだ果たされず、最近では目撃情報があっても、面倒事を避けてメディアもスルーするケースも多発中だという。そんな中で湧いて出た渡部の今回の報道は、破局への序曲となってしまうのだろうか?


【関連記事】

いずれ美化される!? 反感を買った略奪セレブカップルのベスト5

罪悪感に似た恐怖から? 鈴木保奈美が夫の合コン会場に乗り込んだ!

同じマンションに別部屋用意!? 空港で破局!? どこも報じなかった芸能人の恋愛

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング