今、最も勢いのある女優・夏菜は、熱愛報道で週刊誌をにぎわす“オイシイ顔”!

サイゾーウーマン / 2012年4月27日 9時0分

写真

[顔相学で見る、あの人のホントノトコロ]

――顔はその人の本質を表し、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の"顔"から、テレビだけでは分からないホントの姿を検証してもらいます。

■今回のターゲット
夏菜

 今年度下半期のNHKの連続テレビ小説『純と愛』に主演することが決まっている女優・夏菜。バラエティ番組にはよく出演しているが、女優としての代表作といえば、今のところ映画『GANTZ』ぐらいだ。朝ドラのヒロインをきっかけに大きく飛躍する女優が多い中、果たして夏菜は女優として成功するのだろうか?

 『純と愛』では2,258人が参加したオーディションに合格し、ジャニーズJr.の風間俊介の妻役として出演することで放送前から注目が集まっている。この大抜擢に「バーニングプロダクションのゴリ押しによる出来レースだ」とのうわさもあるが、私自身、昨年2月に「週刊SPA!」(扶桑社)で一目見た時から「目ヂカラの強い子だな」と注目してきた。ジャニーズ、AKB48、そしてバーニングもそうだが、ゴリ押ししてでも元がじゅうぶん取れる可能性があるからするのだ。

 芸能関係者はみな揃って「役者は“目”だ!」と言うのだが、“箸にも棒にもかからない”で消えていく役者から、新人の頃から光っていて予想どおり大女優になった人まで、何万人もの顔を見てきている人なら、感覚的に「これは売れる」というのがわかるのである。この、「目がいい」とか「目が輝いている」というのは、パーツの形や大きさとは違うので感覚的に感じてもらうしかないのだが、夏菜には芸能界のドンにゴリ押しされるだけの「目」があるのだ!

 そんな夏菜の顔相だが、パーツの配置はアイドルに多い「キュートフェイス」(子ども顔)とは真逆の「アダルトフェイス」(大人顔)をしている。アダルトフェイスの特徴は目、鼻、口の各パーツが上寄りにあることで、生まれ順だと第一子(長男、長女)に多く、2人兄弟の場合、兄や姉のほうが弟や妹よりも面長で上寄りの傾向がある。

 アダルトフェイスは見る人に「大人っぽい」「地味」「まじめそう」「冷静」「意志的」「堅実」といった印象を与えるのだが、思考や行動特性でも、思慮深く客観性に富み、計画的に行動する傾向があり、責任感が強いという特徴がある。

 大きくて肉付きがよく、縦に長い鼻もアダルトフェイスの特徴だ。鼻は生命力を観るパーツで、大きくて肉付きがいいほど、生き抜くために必要な、健康、活力、体力、自己主張の強さがあると判断する。夏菜はパーツの配置が上型なので、社会や組織においては客観的に行動するタイプだが、この大きな鼻から内に秘めた「自我」が非常に強いことがわかる。頬の高さも我の強さの表れで、結婚生活よりも仕事で評価されたい女性に多く、女優向きだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング