霊能者に直撃!東原亜希のデスブログ、芸能界に蔓延る“呪い”の正体とは?

サイゾーウーマン / 2012年6月28日 8時0分

写真

 沢尻エリカさんにとって、約5年ぶりの主演作となる映画『ヘルタースケルター』がいよいよ7月14日に公開を迎えます。が、現在、沢尻さんは体調不良ということで休業中。また一部では「大麻中毒」なんていう疑惑報道もあり、完全復帰の道はまだ遠いようです。

 また、沢尻さんといえば映画『パッチギ!』が出世作ですが、沢尻さんをはじめこの作品の主要キャストには、沢尻さんをはじめ、塩谷瞬さん、高岡蒼佑さんと、最近ワイドショーを騒がせた俳優がそろい踏みしています。この一連の騒動に対し、ネットユーザーの中には“パッチギの呪い”なんていう言葉を使う人もいますが、本当に呪いなんてあるのでしょうか?

 とはいえ芸能界では、そういった「○○に関わると不幸になる」といった、呪いのようなジンクスがけっこうあります。一番有名なところでは、東原亜紀さんの「デスブログ伝説」。オフィシャルブログ『ひがしはらですが?』に書かれた人物や場所などが、その後不幸な目にあうといわれており、最近では東京スカイツリー(オープン当日エレベーターが停止)、東京ディズニーシー(アトラクション故障)などが指摘されています。

 そしてスポーツ界でも最近話題となっている“呪い”があります。それは「前田遼一シーズン初ゴールの呪い」。前田選手といえばサッカー日本代表のFWとしても大活躍中ですが、実はJリーグで、シーズン初ゴールをした相手チームが5年連続で降格しているのです。ちなみに、今年前田選手がシーズン初ゴールを決めた対戦チームはガンバ大阪。そしてガンバは現在(6月23日付)、16位と降格圏内で低迷中です。

 一体これらの“呪い”は必然なのか、それとも単なる偶然なのか……。そこでこの呪いの正体を解明するべく、霊能者として活躍する摩耶卑弥呼先生に話を伺ってみることにしました。

――まず、これらの“呪い”の正体は何でしょうか?

摩耶卑弥呼先生(以下、摩耶先生) すべてのケースが当てはまるとは断言できませんが……これらは単なる“思い込み”だと思います。

――つまり、「呪いだ!」と騒いでいる人の勝手な思い込みで、本当は呪いなんて存在しないということでしょうか?

摩耶先生 そうですね。とはいえ、人の思い込みというものは、時に大きな力を発揮します。この中ではスポーツの例が一番分かりやすいですが、ファンの方が「呪いのせいで勝てない」と強く信じたり、インターネットで騒ぐことで、本当に当事者のメンタルを狂わせることもあるのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング