AKB48卒業の前田敦子、極度の“恋愛体質”が女優活動の成功を阻む!?

サイゾーウーマン / 2012年8月29日 10時30分

写真

[芸能人おせっかい占い]

 AKB48の前田敦子さんが、27日、東京・秋葉原の「AKB48劇場」で行われた公演で同グループを卒業しました。“不動のセンター”と呼ばれ、AKB48をひっぱってきた彼女。卒業後は女優業を中心に活動していくそうで、公演翌日の28日から、ソロでテレビ収録をこなしています。しかし、前田さんの女優としての評価は低く、過去出演したドラマや映画の成果は散々なもの。果たして、AKB48の看板を脱ぎ、“女優・前田敦子”として活躍できるのでしょうか? 占い師のビギー・ネプテューン先生に占ってもらいました。

■グループ活動は向いていなかった

 まず、前田さんの星を見て驚くのは、その上昇志向の強さ。この強さは、たとえば彼女が起業家になっていても通用するような強さです。どんな環境でも「上へ上へ」と昇っていく根性はハンパなものではありません。もちろん「表現者」としての星も強力なものを併せ持っていますから、芸能界は彼女にとってベストな世界であることは間違いありません。
 
 しかし、芸能界といっても、いろいろな職種があります。歌手が向いているのか女優がいいのか……。独立はしたものの、おそらく前田さん本人も「どうしようか」と迷っているのかもしれません。しかし、ひとつのヒントとしては、前田さんは「年をとるほど磨かれていく可能性」が出ていますので、アイドル路線ではない、どちらかといえば「女優向き」ではないでしょうか。

 そして多分、前田さんはAKB48のような集団の中では、あまり本人のイメージ通りの活動ができていなかったように思います。彼女の望むイメージとは、「自分1人だけがスポットライトに照らされ、浮かび上がっている姿」です。つまり、ソロ活動できる自由こそが、彼女が7年間頑張り続けて手に入れた最大のものなのです。おそらく、グループ活動という足かせが外れた前田さんは、猛スピードで変化していくでしょう。場合によっては、今までのファンが離れてしまうかもしれません。しかし、同時に新たなファンを獲得することは十分可能なはずです。

■「恋愛」がよくも悪くも今後を左右する

 では、独立後、成功する可能性はどうでしょうか? 運気的には来年の後半から再来年の前半にピークが訪れますから、今と言う独立のタイミングは悪くありません。「留学したい」などの希望もあるようですが、これから1年間は充電も兼ねていろいろトライしてみるといいでしょう。そして、来年後半になったらイッキに勝負に出る。これが正しい動き方です。人気運も上々ですし、このまま順調に行けば成功する確率はかなり高いといえます。
 
 ただし、「地雷」も存在しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング