だてメガネ、定番"黒ぶち"の次は何を選ぶ? 顔別オススメフレームの選び方

サイゾーウーマン / 2012年1月29日 9時0分

 今や、ファッションの定番アイテムとなった「だてメガネ」。「かけるだけで小顔に見える」「今風のファッションが決まる」という意見から、「すっぴん隠しに重宝」なんていうものまで。人気はやはり小顔効果を狙えるフレームの大きい黒ぶちタイプとべっこうのようですが、今はさまざまなデザイン、カラーが店頭を賑わしています。メガネは顔の印象を大きく変えるアイテム。選び方ひとつで、なりたいイメージを作ることもできます。

 マストアイテムの黒のビッグフレームは手に入れたら、今度はあなたの顔かたちに合わせたフレームを選んでみましょう。運気をアップさせるカラーを選べば、オシャレをしながら開運もできて一石二鳥!

 今回は、風水と人相学の見地から、顔の形別オススメのだてメガネをご紹介します!

■丸顔
 優しそうな印象の丸顔の人は、実際に心も丸く、円満なタイプが多いようです。また、実年齢よりも幼く見られるため、人から可愛がられて引き立てられる得な運気を持っています。そんな丸顔の人にオススメなのは、恵まれた愛きょうを強調する「ラウンド型」のフレーム。さらに、信頼感アップさせるブルー系をフレームカラーに選べば、頼りないイメージを一掃できて、全方位的に開運できるはずです。

■四角、エラ張り
 四角顔やエラ張り顔の人はしっかり者に見られがち。頑固で融通の利かない面を持っていますが、現実的で粘り強いところは、社会に出ると大変な強みになるはずです。ただし、恋愛面では堅苦しい印象が災いして、良縁をつかみにくい傾向が。ここは、柔らかさをもたらす「オーバル型」、または遊び心のアピールに最適な「フォックス型」のフレームがオススメ。フレームは女性らしさを引き出すピンク・パープル系でキマリ。

■逆三角形
 美人が多いともいわれる逆三角形の顔。知的な雰囲気があるので、憧れられることが多いはずです。でも、実際に言い寄られるのは案外少ないのでは? それは頬に丸みがない分、クールに見られてしまうから。そんな人は、頬にふくらみを補う「ティアドロップ型」がぴったり。さらに、出会いを呼び込むオレンジ色をフレームカラーにすれば、あなたを遠巻きにしていた人たちからも、次々お誘いがかかりそう!

■面長
 ほっそりした顔立ちがエレガントな反面、少々老けた印象を与える面長の人。笑っていないとさびしそうに見えるタイプです。でも、実際は面白いものの見方ができるユニークな人が多いよう。だてメガネはそんな内面の魅力をアピールする、変わったタイプがベスト。たとえば、存在感のある「多角形型」や「スクエア型:など。色はコミュニケーション力を高め、孤独感から解放してくれる黄色や緑系がよさそう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング