芸能界復帰の酒井法子が抱える、2つの不安材料とは?

サイゾーウーマン / 2012年9月30日 9時0分

写真

――今日の人気が明日続くとは限らないシビアな世界・芸能界。熱愛やスキャンダルに巻き込まれ、姿を消していく人も数知れず。そんな芸能人を勝手に占い、より活躍できるように、おせっかい承知でアドバイスさせていただきます。

■今回のターゲット
酒井法子 1971年2月14日生まれ

 2009年、覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けた酒井法子さん。今年11月中に執行猶予機関が明け、12月に上演される舞台『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』で芸能活動に復帰することが正式発表されました。3年前の判決後、介護の勉強をするため大学に入学、芸能界から引退するかと思いきや、自叙伝『贖罪』(朝日新聞出版)を発表し、テレビで胸中を語り、芸能界への未練をのぞかせました。そして、この12月に芸能活動を再開しますが、酒井さんは昔のように活躍することができるのでしょうか? 占い師のビギー・ネプテューン先生に、酒井さんの今後を占ってもらいました。

■芸能界復帰のタイミングは絶妙

 「酒井法子復帰」のニュース、実はちょっとうれしく感じていました。確かにドラッグは大問題ですが、このまま消えてしまうのは惜しいキャラですし、酒井さんを弁護するわけではありませんが、「前夫にそそのかされて悪習に染まってしまっただけ」で、もともと彼女自身が常習者だったわけではないのですから。ちなみに前夫は今年6月にも薬物使用の疑いで再逮捕されていますから、根っからのジャンキーだったのかもしれません。

 さて、今回の復帰発表のタイミングですが、11月の執行猶予期間が明けるということもありますが、占星術で判断しても太陽・水星・木星のコンビネーションが効いている時期なので、絶妙のタイミングといえます。そもそも、酒井さんに芸能界以外の世界で生きろというのは無理な話ですし、ほかの業界では女優としての優れた資質がまったく生かされません。介護士など無理に決まっています。幸い、マネジメントも信頼できる人物が引き受けてくれたようですし、あとは一歩一歩実績を積み上げていくしかないでしょう。

 では、復帰となる舞台『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』の初日12月15日の運気を見てみましょう。なかなかよい星の配置です。酒井さんの運気も非常にパワフルな時期に入っていますし、かなりの注目を集めるのは確実でしょう。成功の可能性は高いと見てよさそうです。この公演が成功すれば、ほかの仕事も徐々に増えてくるのは間違いないでしょう。もうすでに一度地に落ちたイメージですから、逆に言えば「どんな役でもOK」という強みもあります。来年の前半は酒井さんにとっては特にアゲ運の時期ですから、本格復帰の軌道に乗るのも十分可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング