1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

ビル・ゲイツ、オリンピック観戦中に撮られた「アップル」ネタ動画が話題に!

サイゾーウーマン / 2012年7月31日 13時0分

写真

 ロンドンオリンピックが、27日開幕した。自国の選手を応援しようと、世界から多くの著名人たちが観戦に訪れており、あのビル・ゲイツも夫人と共にオリンピックを楽しむ様子がパパラッチされている。そのビルと夫人の、ちょっとした面白ハプニングが動画で公開され、話題を集めている。

 オーケストラの一員として登場したミスター・ビーンの大爆笑コントや、『007』シリーズのジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグにエスコートされ、ヘリからパラシュートで飛び降りるエリザベス女王という演出、最終聖火ランナーとして登場すると期待されていたベッカムが聖火をのせたスピードボートで颯爽とテムズ川を駆け抜けるだけの役で登場するなど、予想以上にサプライズたっぷりのオープニング・セレモニーとなったロンドン五輪。

 開会式には、イギリス王室はもちろん、世界約100カ国の首脳級要人や世界各国の著名人らが出席。世界屈指のIT企業であるマイクロソフト創業者で、エリザベス女王から名誉騎士の称号を授与されているビル・ゲイツも、妻のメリンダ・ゲイツと共に豪華な式典を楽しんだようだ。

 そのビルが、オモシロ動画を撮られたのは、オリンピックが開催される直前の26日のこと。メリンダらと共に試合会場の外を歩いていたところ、何人かの選手たちから記念撮影を求められたのだが、こともあろうにライバル会社「アップル」の「iPad 2」で写真を撮られてしまったのだ。ビルはにこやかな表情を崩さずに「iPad 2」を見るのだが、メリンダの「iPadは使っちゃダメよ!」と言い放つ声が、動画にばっちり収められてしまったのだ。

 メリンダはすぐに「冗談よ~」と笑い、その場を和ませた。だが、6月に独自のタブレット型端末「サーフェス」を発表し、アップルに勝負を挑むマイクロソフト創業者の妻としては複雑な心境だったに違いないとタブロイドは伝えている。

 各国のメディアから、アップルの製品を使わないのかと質問を受けるメリンダは、2年前にニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、「(マイクロソフトが開発し販売した携帯音楽プレーヤー)Zuneがあるから、iPodは持たないわ」「子どもたちがiPodが欲しいと騒いだことがあるけど、Zuneがあるでしょって言っているの」とキッパリ発言。「ビルはアップルのパソコンで仕事をしているというウワサがありますが?」という質問には、「うそよ。(アップルの商品には)我が家の敷居をまたがせないし」と返すなど、毅然とした態度を取り話題になった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング