広瀬すず『四月は君の嘘』主演決定も「原作イメージ壊す」と非難の嵐

デイリーニュースオンライン / 2015年9月5日 8時0分

写真

 2016年公開予定の映画『四月は君の嘘』で、女優でモデルの広瀬すず(17)と俳優の山崎賢人(21)がW主演することが発表された。人気漫画の実写映像化発表に、原作ファンからは早くも「また原作イメージ壊す」と心配の声があがっている。

 監督を務めるのは女性に人気の高いコミックの実写化『僕の初恋をキミに捧ぐ』(東宝)、『パラダイス・キス』(ワーナー・ブラザース)の新城毅彦氏。脚本は映画『ストロベリーナイト』(東宝)の龍居由佳里が手がける。広瀬にとっては、2016年秋に公開が予定されている『ちはやふる』(東宝)に続いて2作目の主演となる。

『四月は君の嘘』は漫画、アニメ共にヒットした人気作品。母親の死がきっかけでピアノが弾けなくなった高校生・有馬公生役を山崎が務め、有馬を再び音楽の世界へ連れ戻そうとする、自由奔放な性格のヴァイオリニスト・宮園かをりを広瀬が演じる。お互いが才能を絡めあい、共鳴し、成長していく姿を描いた青春ストーリーだ。

『ちはやふる』でもイメージが違いすぎると話題に

 しかし今回のW主演発表について、ネット上では

「もう広瀬さんは結構です…本当に…」
「ないないない!かをりが広瀬すずとか絶対あり得ないでしょ」
「嘘だろ、かをるのイメージ全く違うし」
「広瀬すずがかをりちゃんなんてありえない!」
「広瀬はちはやに続いてこの作品もか。好きな作品が…悲しすぎる」

 と、広瀬のヒロイン役抜擢に不満の声が相次いでいる。

 若手女優・俳優の中でも、近頃はフル稼働中のふたり。しかし広瀬は映画『海街diary』、ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)のヒットでブレイクしたものの、6月に騒動となったバラエティでの“スタッフ軽視発言”が発端となり、現在は「腹黒い」「ブリっ子」とネットでバッシングが相次いでいる。7月にクランクアップした映画『ちはやふる』についても「(主人公の)イメージが違いすぎる」と原作ファンを悲しませていた。

 もうひとりの主役、山崎は現在放送中の人気漫画の実写化ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)に出演しているが、演技面での評判は決して良くない。2014年に公開された映画『L・DK』(東映)にゴリ押しクイーンとの異名を持つ剛力彩芽(23)ともW主演を果たしていたが、これらの作品も

「イメージを崩された!」
「演技力重視じゃなくてゴリ押キャスティングかよ」

 と、原作ファンの怒りを買っていた。

 漫画原作の実写映像化による映画やTVドラマは、いまや枚挙にいとまがないものの、大半は原作ファンからの批判の槍玉に挙げられている現状だ。“炎上”広瀬と“ゴリ押し”山崎が、果たして事前評価をどこまで覆す結果を出せるか。

(文/一樹守)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング