酒井法子が荒稼ぎ…パチンコ店営業ギャラは20分100万円

デイリーニュースオンライン / 2015年10月21日 12時0分

写真

 2009年、覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子(44)。2012年に執行猶予期間も終わり、芸能活動を再開している。

 10月20日発売の「女性自身」(光文社)は、酒井の今をリポート。地上波での復帰がなかなかうまくいかず、舞台イベント、パチンコ営業に奔走しているようだ。年末には200人規模のクリスマスディナーショーを開催予定で、価格は2万円台。高額にも関わらずほぼ完売しており、今後は開催場所を5カ所に増やして行うようだ。

 地上波では姿を見ることはなくなったが、芸能活動自体は順調で、いまだ根強い人気があることを証明している。酒井をパチンコ店に呼ぼうと思うと、系列店を1日3店舗・それぞれの滞在時間30分で、ギャラは300万円程度。1店舗だけだと、滞在時間20分で100万円程度と、高額なギャラになっている。それでも、酒井を店に呼ぶとパチンコに興味ない人も店に足を運び、1店舗1,000人以上と集客力抜群。トークも巧みで2ショットやサインなどのファンサービスも厚く、店を盛り上げてくれると好評でオファーはあとを絶たない。

人気は健在でも、酒井法子がテレビNGな理由

 営業とイベントで、いまだ人気は健在ということを証明した酒井だが、それでも地上波での復帰は難しいとテレビ関係者は語る。

「清純派で人気を得たアイドルが覚せい剤逮捕、さらに発覚後の逃亡の衝撃。連日マスコミで報道され、覚せい剤逮捕=酒井法子のイメージがついてしまいました。それ以降、芸能人が薬物で逮捕されるたびに彼女のことが思い起こされることに。いわば、彼女は覚せい剤逮捕のイメージアイコンです。営業やイベントなどの人気ぶりから地上波でも起用したいと思っているテレビ関係者もいますが、一体いつみそぎが終わったと判断するのかが非常に難しいですね」

 実際に2014年にASKAが覚せい剤で逮捕されたときも、酒井の件が再び注目されてしまった。さらに同年、酒井本人が『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したときには、騒動から5年経ったにも関わらず、視聴者は冷たい反応だった。

「『5時に夢中!』の出演で酒井は事件のことを語らず、まるで何もなかったように自分のイベントの宣伝だけで終わってしまいました。しかも、介護の仕事をすると宣言しながらも、芸能活動をしたことに対しての説明もなく、視聴者は反感を持ってしまったようです」(同関係者談)

 着々と芸能活動を続けている酒井だが、やはり薬物のイメージ払拭は難しい。しかも、いまだに彼女の口から覚せい剤逮捕に関しての説明と謝罪はない。薬物のイメージアイコンになってしまった酒井は、地上波復帰は絶望的と言わざるを得ないだろう。

(文・タナカアツシ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング